Novel Creator として創作活動しています。小説『ネット恋愛』・・・3の倍数日に連載中☆ミ・・・☆

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2アカの宿命!~秘書は拿捕されるのも仕事のうち・・・☆ミ
こんちゃ♪セレムです。^^

えっとですね、たいていの大航海プレイヤーは1アカ(アカウント)なんですが、アカウントを2つ、3つと複数アカウントを同時に動かしてるプレイヤーも珍しくなくなってきました・・・


さて、1アカ目でありメインキャラであるセレム=リーシェスが東南アジアへ出向くときは、たいてい2アカキャラの秘書・ルゥ=イアンを連れて行きます。
それは1度の香辛料交易で多額の利益が出せるからです♪
でも2時間近くかかる長距離航海はけっこう面倒なんですが・・・w

↓2アカ航行中。危険海域でこのような編成は滅多にないんですけどね・・・^^;
クリッパー&商用大型ガレオン



ある日のこと、東南アジアへ向けてセレムとルゥがインド南岸沖を航行中、しかも嵐の直後にヴェネツィアの有名な海賊団の首領?に襲われてしまいましたw
セレムはクリッパー、ルゥは商用大型ガレオンの編成で、対する海賊はアラビアン・ガレーです!

海賊RON(仮名)はお決まりの停船命令をしてきたけどセレムは無視w
クリッパーの急加速で戦線離脱を試みました・・・
しかし!
商用大型ガレオンのルゥは2アカ目・・・しかもPCでも2アカ目(要はセレム画面の裏側)なのでコントロールできないw
切り替えに少々時間かかるしw

↓で、こうなりましたw
ルゥ拿捕されるw
(拡大できます)


海賊RONが『むずかしい』と言うのでセレムは『なにが?』と聞いてみたw
すると間合いが難しいとのことですww
まぁ、海賊にもそれなりの苦労もあるようで・・・^^;

幸い、ルゥは保管スキルが高ランクだし、重要なアイテムや大金はもたせてなかったので被害は微々たるものでした。
非人道的かもしれないけど2アカ艦隊中にPKされたら2アカをだしにして逃げるしかないのですw
もっともこのように拿捕されることはメインキャラを支援する秘書キャラの仕事でもあるのですww
(そうやって正当化しておきます♪)


今日のレッスン・・・
秘書は政治家の汚名をかぶり自殺する(違

革命が起こるまでつづく・・・☆ミ
(^ー^)ノセレムのプロフィール、ちょと変更したよ♪

スポンサーサイト

初めての沈没船サルベージだよ・・・☆ミ
あちこちの海で沈没船が引き上げられているシーンを他人事のように見つめながら大海原を逝くセレム=リーシェス・・・
沈没船かぁ・・・なかなか縁がないなぁ・・・と釣りをしてると~!

↓パンパカパーン♪オメデトビーム!!(ノ・_・)‥‥…━━━━━☆ピーー~
沈没船の断片地図入手



そんなときフレであるイスパニア私掠、ランディスが中米の陸戦で集めたという断片地図を6枚もくれたんです!

↓セビリアにて。今は私掠だけど、かつてはPKKを目指す海の漢(オトコ)だったのです・・・w
断片地図入手2



そんなわけで初めての沈没船地図は、あっという間に完成しましたぁ♪
\(^o^)/ワーイ

フレのブログなどで小型船であることは想像できるんですが、でも実際に自分も沈没船に関わることができると思うと嬉しいですね。^^

↓初めての完成した沈没船地図!これは誰でも共通なのかな??
初・地図完成
(拡大できます)


さっそくサルベージ曳航スキルを学んで沈没船海域へと向かいます!
キツキツなスキル枠のなか、新たなスキルを得るために速射と言語1つを放棄しました!

↓副官がなにか言ってますが甲冑のせいでなに言ってるのかわからないフリをしておきますw
沈没船捜索



捜索すること十数日・・・
ついに何かを捉えた!!

↓さぁ、船員ども!みんなで引き上げマッスル~!!!
初・サルベージ



↓未熟なサルベージの為に船員2人が沈没しまして~w
サルベージ2



沈没船を引き上げるクリッパーにミシミシいわせながらついに・・・!!

↓ドイツ潜水艦Uボートではなく、商用バルシャがお日様に挨拶しに来まして~w
引き上げ成功



初めての沈没船を引き上げた感動をそのままに近くの港までこれまた初めての曳航を行います♪

↓ただいま曳航中・・・ちゃんとアングルも考えてSSしてるんですねー♪
初・曳航



こうして沈没船を港まで曳航したセレムはさっそく沈没船内部を探索します!
その結果、得られたのは・・・下のSSをご覧ください♪

↓SSを加工してしまったことに泣いて詫びるセレム君w
沈没船収獲物



それにしてもカニって使い道ないなぁw
真珠は・・・まぁ、まぁ良いでしょう。^^

でも、宝箱の中身なんかよりも、今回に関しては初めての沈没船サルベージ&曳航を経験できた喜びのほうが大きいのでありまーす♪

沈没船・・・これはなかなか楽しいぞ!
でもガツガツと大金をかけてまで断片地図を収集するつもりはないので(お金がないからさ♪)、まったりとやっていこうと思いました。^^

ちなみにまだまだリアル大航海進行に対してブログ進行が遅れていますw
でもひとつのノンフィクション物語として観ていただければいいのでありまーす♪


エメラルドグリーンの如くつづく・・・☆ミ
(^ー^)ノ味噌汁のんでますか~?

赤いマンボウあらわる・・・☆ミ
南米・リオデジャネイロに滞在していたセレム=リーシェス。
秘書ルゥ=イアンを連れているのでここから東南アジアへと行き、大量の香辛料を積んでヨーロッパへ帰ろうと考えます・・・

酒場娘・ジセルに別れを告げてセレムたちは航路確認クエのためアフリカ・サンジョルジュに向かう・・・つもりが途中で気が変わって針路を南西へ~!
セレムとルゥの2隻のスループは南米南端のマゼラン海峡よりさらに南を迂回して太平洋へと出たのでした・・・
それにしても南米南端のチリ海盆は波が高くてスループは何度も高波食らってしまいました。^^;
ルゥのスループには船員が3人しか乗っていなかったので可哀そうに全員が高波にもっていかれてしまったのですw
(ノ_・、)グスン

セレムの救助により船員3人が戻ってはきたけど・・・そのあとはケンカしまくりwww
それがなくなったと思ったら今度は望郷の念にかられてるしw
よく見たら錬度0じゃんw
救助した船員はルゥの船乗りじゃなくて現地の人間じゃねぇのか!?
と疑うセレムなのでしたw


さて太平洋を横断しているとなんか釣れた!

↓(*^^)/お初で~す♪
アカマンボウ1



↓場所はこのあたり・・・突然の発見物カード発見にびっくりしてSSが遅れてます。^^;
アカマンボウ2
(拡大できます)


マンボウって赤いのもいたんだ~とこのとき初めて知りました!

↓これはリアルのアカマンボウ
アカマンボウ3


やっぱり体長は2メートルくらいあるそうです。
日本近海でもマグロ漁猟中にたまに引っかかることがあり、刺身として食されるようです♪
アカマンボウの刺身・・・食べてみたいなぁ♪(^¬^)
ちなみにマンボウとは名前は似てるけど分類上は違うみたいですw

↓ちなみにこれはリアルのマンボウ
マンボウ



マンボウは・・・記憶が正しければたしか三重県の鳥羽水族館で見たことあるような気がしたけど、泳いでるって感じがしないくらいおとなしくて標本みたいな印象が・・・w
やっぱりマンボウも食べると美味しいみたいですね♪(^¬^)


さて東南アジアで大量の香辛料を積んで無事にヨーロッパへと戻ってきたセレム&ルゥ・・・
アカマンボウを店売りするのがもったいなくてミーア☆キャットのショップに出展しておきました♪
買う人いないだろと思い3万で出展してたら買われてましたwww
物好きがいるんだなぁ・・・と思ったけど、でもそういえば以前こんなことありました・・・

セレムが冒険者駆け出しの探検家してる頃、マンボウを釣ったので5000でバザー出ししてました。
すると駆け出しっぽい女の子がずっとバザー品のマンボウを見てて動かない。
話しかけてみるとマンボウが可愛くて気に入った様子~^^
なのでタダであげたんだけど、やっぱマンボウは人気あるんだなぁと思ったのです。
もしかしたらアカマンボウを買った人も可愛いと感じて買っていったのかもしれないなぁ・・・と思うセレムなのでした~♪
*^.^*


偏西風のようにつづく・・・☆ミ
(^ー^)ノイスラエルがイランを空爆しよう企んでるよ~











ブラジル娘の思い出と大航海時代(恋愛話含むw)・・・☆ミ
199X年・東京・・・
僕は東京・湾岸にある物流センターでバイトをしていた。
そのときに職場で出逢ったひとりの娘に一目惚れしました・・・
数年に一度あるかないかの一目惚れをした相手は実は日本人ではなく日系ブラジル人4世の娘で、肌は浅黒いけど日本人の顔立ちでラテン系の明るさと日本人特有の恥ずかしがり屋なところをもちあわせていたのです。
積極的なアプローチを開始した僕は彼女と話をするために独学でポルトガル語を勉強しはじめました。
そのあいだに南米の人たちとも仲良くなり一緒にサッカーをしたりスペイン語やポルトガル語を教わったりしながら楽しい“休憩時間”を過ごすようになったのでした・・・♪


さて大航海時代のセレム=リーシェス・・・
数々の酒場娘を口説き落とし続け、ついに最後のひとりになりました!
それがリアルでの思い出を呼び起こすような“娘”になるとは・・・
これもスピリチュアルでいう必然なんでしょうか・・・

その娘とは南米・リオデジャネイロの酒場娘 ジセル です・・・☆ミ

↓ブログ用にSSを切り取ってみて気づいた・・・あの娘に似ている!
ジセル1



でもゲーム中はとくにそんなことも考えもせずにフツーに口説き始めました!

↓その笑い方は・・・お前!AHOAHOMANだな!?(『ごっつええ感じ』ヨリ)
ジセル2



航海者たちの人気が高そうなジセルを口説いていきます・・・

↓お店閉めるまでって・・・閉店=大航海サービス終了までってことじゃんw(拡大解釈!?)
ジセル3



落とせる予感・・・♪

↓こんなことリアル・異国の娘に言われたら本当に約束しちゃうよ!!!
ジセル4


口説くセレム、口説かれるジセル。
そしてジセルがいる場所・・・
そこは数世紀後、ブラジルになるんだな・・・

↓このジセルのセリフ・・・なんだか切ない女心を感じてしまいます(ノ_・、)
ジセル5



セレムの航海はいつ終わるのかはわかりません・・・
1年後かもしれないし、5年後かも。
もしかしたら明日かも・・・
でも大航海を辞めるときはちゃんとお知らせしますよ~。^^


そしてついに!ジセルを口説き落としたセレム・・・

↓だから女性は愛する男のために手間ひまかけて料理を作るんだね♪^^
お泊り・ジセル
(拡大できます)


ジセルのような娘・・・いいね♪

そして話は199X年の東京・湾岸の舞台に戻ります・・・

やがて僕は必死で学んだカタコトのポルトガル語で一目惚れした日系ブラジルの女の子に告白をした。
彼女は恥ずかしそうに微笑みながら僕を見つめていた・・・
言葉による十分なコミュニケーションがまだとれていなかったけど、でもなんだかとても幸せだったのです♪

そして数日後・・・

僕は、職場の親しい南米の男性から、彼女の母親からの伝言を聞いた。

『近いうちに家族でブラジルに帰るので娘だけを日本においておけない。だから結婚はさせられない・・・』

僕はそれを聞いてショックを受けた。
その日の夜、僕は近所の東京・葛西の噴水公園でふだんあまり飲まないお酒を飲みながら呆然と月を見上げ続けたのでした・・・

それ以来、彼女の表情も暗くなり、逢うのもやめた。
でも何日かして彼女から手紙をもらった!
ポルトガル語で書かれていたので辞書で訳しながら読んでみる・・・

最後に『あなたに出逢えて良かった・・・』と書かれてあった。
別れはつらかったけど、その手紙は僕の心に温かさをもたらせてくれたのでした・・・♪

あれから数年・・・
彼女はもう日本にいないけど、でも良き思い出として永遠に心に刻み込まれている☆ミ
そしてその手紙も大切に保管してある。
いつかまたどこかで逢えると信じて・・・


そして大航海時代・・・
僕がポルトガルからスタートしたのはこのようなドラマがあってポルトガル語に愛着があったからなんです♪
いまネーデルランドだけどポルトガル語は母国語として忘れる事はありません!
(そんなこと知らないポルトガル私掠たちには襲われますが・・・w)

そして僕が出逢った日系ブラジルの娘の名前が実は副官のひとりに名づけられているんです。^^


こうして大航海世界の酒場娘(一部、男や未亡人など)すべてとのお泊りを達成したセレムは、あとは口説きスキルを目標ランクまで高めるだけとなりました!
もし新たに酒場娘が実装されたらもちろん口説きに行きますが。(^ー^)ノ

とりあえず口説きネタは今回をもって最後ということで、リアル・セレムの恋愛体験談と交えてややシリアスに展開させてみました・・・☆彡


新たな思い出を作りながらつづく・・・☆ミ
(^ー^)ノ~☆











男に貢ぐ屈辱に耐える似非翻訳家・・・w
翻訳しない翻訳家・セレム=リーシェスは口説きするしか能がない似非(えせ)翻訳家である。
(類語=似非右翼:愛国心や国家に対する理念もないくせに右翼気取りで車に日の丸ステッカー貼ってる輩たち。何かあるとすぐに『事務所来い!』とか言う馬鹿。スーパーの事務所ですか?と聞きたい。^^)

類語がちょい長くなったけど、似非翻訳家なセレムは翻訳活動を一切しない、口説きの為だけの翻訳家なのです。
この似非野郎!(^ー^)ノハーイ

さてそんなセレムは秘書・ルゥ=イアンを連れてカリブの海へ~!
サントドミンゴで酒場娘・ワイラを陥落させたあと、すぐさま中米・ポルトベロへと向かったのでした。

ポルトベロ・・・と言えば酒場にいる男 ラウル ですw
こいつもアデンのサハルのような男娼なのだろうか・・・!?
世界お泊りの旅・完遂の為にはこの男も口説き落とさなければいけないw

↓ただいま・・・と言いたいところだが馴れ馴れしい言い方はやめれー!
ラウル1



とりあえず他の航海者たちには男を口説いてるところを見られたくないので誰もいないのを見計らって口説きますw

↓そのセリフは昔を思い出すからやめれー!
ラウル2



ネタのためにシブシブ口説く・・・w

↓お前は船上のピアニストか!気持ち悪くなるようなセリフはやめれー!
ラウル3



そしてあっけなく口説かれたラウル・・・w
シブシブお泊りするセレム・・・w

↓しゃべりすぎ・・・てw ちなみに“泊まる=コーエー”だそうです。(寒)
お泊り・ラウル
(拡大できます)


とりあえずこれでもう男に貢ぐ屈辱を味わう必要はなくなったw
ちなみに、船乗り経験ありそうなラウルがなぜここで客相手に仕事してるかというと・・・泳げないらしいからですw(真相不明)

このあとセレムはメキシコ湾岸を探検したあと、いよいよ南米・リオデジャネイロへと向かいます!

世界お泊りツアー(←毎回名称変わってますがw)も残るはあと1人・・・!
リオといえばあの娘です♪


それはまた次回ってことで。^^

5つくらいの信号交差点を気持ちよく走り抜けていけるような感じでつづく・・・☆ミ
(^ー^)ノプレイヤーは犬だよ♪




カリブ娘に手を出す翻訳家あらわる・・・w
久しぶりに名乗る、自称・・・夜の翻訳家・セレム=リーシェス。
いい加減、口説き上げも飽きてきたし辞書作成するわけでもなし、早く本命の考古学者に戻りたいのでありまーすw

さて、いつの間にか世界中の娘とお泊りしようという切ない企画が生まれてしまってるセレムはついにカリブ・アメリカ進出となりました!

リスボンを出航するセレムとその秘書ルゥ=イアン。
目指すはカリブ海のサントドミンゴです~♪

サントドミンゴの酒場娘といえば ワイラ 、肌が浅黒くて明るい娘です・・・

↓さっそくワイラに手を出し心拍数を上げてあげてる似非(えせ)翻訳家w
ワイラ1



↓なんか君、スターウォーズに出てくる翻訳ロボット・C3POに似てない?
ワイラ2



↓お嫁さんにしてだって!?それは交渉次第だな。(笑)
ワイラ3



そして・・・けっこう意外にもあっけなく陥落したワイラ。

↓もうちょっとひねりのあるセリフを言ってくれよw刺激が足りないぜょ!
お泊り・ワイラ
(拡大できます)


こうしてワイラとのお泊りを終えたセレム。
もうなんだかブログのネタ用にやってるにすぎない傾向が・・・
しかし残るはあと2人・・・!

まぁ、頑張りますw


天使のリングのようにつづく・・・☆ミ
(^ー^)ノ動画をイメージソングである『Heaven』に戻したよ♪









リスボンで踊るミーアたち♪・・・☆ミ
海事訓練生・アルティマス=パラエオロゴスは退屈な講義から抜け出してヴェネツィアからリスボンまで遊びに来ました♪
正確には貢ぎすぎて金欠になったセレム=リーシェスのために、秘書ルゥ=イアンにお金を渡すためなのですが・・・w

するとリスボンの広場に商会ミーア☆キャットのメンバー、222さんとミンさんがいるではないか~!
さっそくアルティマスは2人のなかに入ったけど、ここはセレムのほうがいいだろうと呼びに行きました。(キャラ・チェンジ)

さて滅多に揃うことがないミーア・メンバーの3人でおしゃべり開始♪

すると222さんとミンさんが決闘を始めました!

↓ケンカはやめて~と泣いてみるセレム。(ただの決闘ですw)
決闘



さて意外にも222さんが倒されてしまったので(丸腰だったしw)再び3人で楽しく談笑です♪

↓こうして3人そろうのは珍しいのでこの3ショットは貴重かも・・・w
談話



さて今度はセレムから222さんに論戦を挑んでみました!
222さんにとっては初めての論戦だったみたい・・・

↓論戦では勝てましたが・・・模擬戦になれば100%瞬殺されますw
論戦
(拡大できます)


次は222さんとミンさんの論戦が始まりました!

↓初めての論戦観戦・・・こうやって大まかに結果がわかるんだなぁ!
観戦
(拡大できます)


3人での談笑もそろそろお開きに・・・なりかけた頃、なぜかみんなで踊ろうということになりましたw
でもセレム、踊るのは恥ずかしいので街の端でやろう!と提案したんですが『ここで!』ということになっちゃいました。^^;

しょうがないなぁ・・・と思いつつ222さんが『せーの』と言うから踊ってみたら・・・

↓踊ってるのオレだけかいwwww恥ずかしいフライングw><;
フライング
(拡大できます)


セレムの恥ずかしい踊りが終わったあと仕切りなおしw
3人並んでタイミング良く踊り始めます♪

↓リスボンの広場で踊るミーアの3人・・・なかなか良いかも(笑)
踊る
(拡大できます)


↓ミンさんがちょと遅れてました。^^;てかミンさんいつの間に被り物を・・・w
踊る2



↓フィニッシュ!!お疲れ様でした~♪(^0^*
踊り終了



こうして3人は解散、再びみんなそれぞれの航海へと赴いて行くのでありました・・・☆彡
みんな自由気ままな航海者たちなのでこうしてそろう事は滅多にないぶん、それがまた楽しい時間を作り出してくれたのでした♪


さて!夜の翻訳家・セレム・・・
世界お泊りの旅もそろそろ終焉に近づいてきました!
残るはあと3人!!
セレム、再び世界の彼方へと旅立ちます・・・


ヴァンパイアとの戦いはつづく・・・☆ミ(違ぅ
(^ー^)ノ動画は映画『BLADE~TRINITY~』♪




学校へ逝ってみよう!^^・・・☆ミ
さて今回はサブ・キャラ・・・軍人メインのアルティマス=パラエオロゴスの物語です☆彡

航海者養成学校というものがスタートしたということですが、そもそもそれは大航海初心者向けということで入学するか迷いました・・・
そんなわけでセレムでなくアルティマスにお試し入学させることにしたのです。^^

↓受付で最後の最後に入学に対して躊躇するアルティマス・・・
受付


そしてついに入学・・・!

↓やるど~w渋々と制服を頂戴するアルティマス・・・
入学



さっそく講義開始!

↓退屈だ・・・とりあえず彫刻刀で机に小さな穴を掘るアルティマスw
講義



やがて外へ・・・

↓アラン教官と初対面!教官に接近しすぎだぞアルティマス!
アラン教官



↓酒場での講義にて。やっぱり接近しすぎるアルティマスw
女性客



↓校舎守衛に大接近!ついでに足も踏んでる失礼なアルティマスw
校舎守衛



やがて講義が終わり・・・

↓帽子の先が教官の目に・・・wそこまでにしておけアルティマス!w
教官



こんな感じでアルティマスの学校生活はスタートしたのでした!

それにしてもスクールチャット・・・
挨拶に対する反応は素敵なんだけど・・・
基本的に静かなんですね。^^;

・・・・・

転生しながらつづく・・・☆ミ
(^ー^)ノ世界柔道2007



世界周航編⑥~マゼランへの想い・・・☆ミ
いよいよ世界周航編も終わりが近づいてきました・・・

ヨーロッパから西周り航路で大西洋、太平洋、インド洋とめぐり再び大西洋へと戻ってきたセレム=リーシェス。

大西洋の孤島で初めてのプライベートファームをGETしたセレムは穀物海岸沖のカーボヴェルデにやってきた。

するとやっぱり某国の陰謀の気配が・・・
明らかにセレムを狙ってる艦隊がカーボヴェルデ沖を封鎖してる!
ナツメグ積んだ商用クリッパーに砲弾なんて撃ち込まれたらたまったものじゃない!!
なので封鎖している艦隊を遠回りしながら避けてカーボヴェルデに入港したのでした・・・

↓用事を済ませてカーボヴェルデを出航~!次はいよいよセビリアへの帰還です♪
カーボヴェルデ沖



そしてついにヨーロッパの海に帰還~☆
しかしセビリア前のジブラルタル海峡には大艦隊が封鎖を行っている!!
今度ばかりは封鎖を抜くことはできない!と覚悟したセレムはリスボンに寄港しました。
そして大量のナツメグを秘書・ルゥ=イアンの商用大型ガレオンに積み替え、セレムは戦列艦を整備し始めます・・・
フレを誘って一緒に戦おうかと考えたけど・・・
みんな遠いとこばっかりにいる・・・;;

リスボンにフレの“ちゅーばっか”卿がいたけど放置状態みたいだしw
仕方なく1人で行くことに決めたのでしたw
そしてリスボンを出航!

↓等間隔で封鎖配置している艦隊に挑みます!!
ジブラルタル海峡封鎖
(拡大できます)


そしてやっぱり絡まれたセレムw
大型戦闘艦に強襲をかけられ戦闘開始です!!
残念ながらSSを撮っていなかったので画像はないんですが戦闘模様を簡潔にお伝えします・・・

名匠キャノン砲14門×5スロ搭載の鉄張り戦列艦で挑んだのですが、敵艦は硬い!!
しかも敵艦が多すぎる!!
なのでネーデルランド海軍をガンガン呼んで戦わせたのですが・・・
ネーデル海軍の戦闘艦も次々に沈んでいきます。;;
しかし封鎖艦隊も沈んでいくのだけど・・・あと少しというところで資材切れになっちゃいましたぁw
ヘ(゜ο°;)ノ

こうしてやむなくセレム指揮下の戦列艦は戦線離脱・・・w
激戦でボロボロになったままセビリアへと入港を果たしたのでした・・・


セビリアに入港したセレム。

↓少女エレナの言葉に世界周航を果たしたことに気づくセレムなのでしたw
帰還
(拡大できます)


こうして陰謀から逃れ世界周航を無事に達成したセレムはセビリア王城でタベラ枢機卿から称号を戴いたのです♪


称号 サーカムライナー ・・・

これはセレムにとって初めての称号になったのです♪\(^-^)/

↓ついでにサーカムライナーマントも戴きです♪
サーカムライナー
(拡大できます)


↓サーカムライナーマントを装備してみた!う~ん、大事にタンスにでも入れておくかなw
サーカムライナー・セレム



こうしてセレムの世界周航は終わり、イベントのキャストたちともお別れしました・・・
世界周航イベントというマゼランの物語を振り返ってみるとなかなか感動モノでした☆ミ
一見、怪しげに見えたマゼランの横顔も、イベントを終えたあとでは光り輝いて見えそう・・・
多くの苦難を乗り越えたうえでの栄光をマゼランは得ることはできなかったけど、でもマゼランの偉業と名前はいつか人類が宇宙に本格的に進出する第二次大航海時代においても語り継がれることでしょう・・・

たったひとつの犠牲も人類全体からすれば貴重な進歩の機会なのです・・・


世界周航編・・・おわり。

すべての道はローマにつづく・・・☆ミ
(^ー^)ノマゼラン星雲♪


世界周航編⑤~セレム、領有宣言す!・・・☆ミ
ヨーロッパはイスパニアから世界周航に旅立ったセレム=リーシェス。
マゼラン海峡を越えて西周り航路で東南アジアへ・・・
そして東アフリカへと向かうセレムなのでした。

それにしても東アフリカからヨーロッパへの航海は減速の連続・・・w
これはイベントした人にしかわからないものだけど、ホンット、せっかく風に乗ってるときに強制的に減速させられるとやや不快なのであります・・・
(-_-メ)>

さてアフリカ南端の喜望峰をまわり大西洋を北上中のこと・・・

↓ワレ無人島ヲ発見セリ・・・即、空爆ヲ求ム・・・
無人島発見!
(拡大できます)


当然、空爆ではなく即、領有宣言 しましたぁ\(^o^)/ワーイ

↓てかもう大航海引退してここに住みつきたいw
領有宣言!
(拡大できます)


領有宣言するとさっそく各某師たちがやってきて開拓を始めます・・・

↓とりあえず皆の話を聞くセレム。てか君らも羽付ソンブレロをかぶりたまえ!!
某師たち
(拡大できます)


初めてのプライベートファームができたとはいえ、いつまでもここにいてもやっぱり退屈だな・・・

↓とりあえずひと休み・・・うわw鎧姿でモーニングコールすんな!!
休息
(拡大できます)


↓見事に晴れ渡った空の下、セレム=リーシェス領を出航するナツメグ満載商用クリッパーw
出航
(拡大できます)


こうしてセレムはプライベートファームを領有するに至ったわけですが
・・・
なぜいくつもある無人島のなかでここを選んだのか!?

第一の理由は香辛料交易したときの補給基地にするためなのです♪
第二は理由は・・・思いつかないw

だけど東南アジアから東周り航路でヨーロッパを目指す案も現在検討中~。
もし東周り航路で香辛料を運ぶようになったら、この島の重要性は低下してしまうw
まぁ、とりあえずまったりと開拓していくかな。^^


さてこうしてヨーロッパを目指し北上するセレムは、ついに世界周航もクライマックスを迎えます!

・・・というわけで次回は最終回!

いえ・・・

世界周航編は最終回を迎えます♪




さて余談ですが・・・
リンクにクリック募金を追加しました♪
気が向いたらクリックしてあげてくださいな。^^
詳細はサイトの方で~☆


発想力&文章作成能力低下したままつづく・・・☆ミ
(^ー^)ノ月に誰かいるよ♪











世界周航編④~東南アジア逃避行・・・☆ミ
ヨーロッパはイスパニアを出航したセレム=リーシェスは、大西洋、太平洋を横断、西周り航路を使ってニュージーランド、オーストラリアへと到達した。
そしてついにフィリピンへとやってきたのでありました・・・


↓ここまで遠いアングルなんて今まで見たことなかったなぁw
マニラ
(拡大できます)


さて世界周航の物語は展開していくにつれてなんだか雲行きも怪しくなってきた・・・
どことなく不穏な空気を感じてくるセレム。
そんななか海賊島・ホロに上陸♪


↓ホロの港湾を眺めるセレム。そして思った・・・
ホロ
(拡大できます)

このホロの港は防御に適した地形なのであります。
もし海賊討伐艦隊がやってきたら海賊艦隊を港湾内にとどめ、討伐艦隊が前方に見える狭い入り口に姿を現したら集中砲火を浴びせることができる♪
ナッソーと違い、なんて地理的に恵まれた島なんだろう・・・
と、感心しながらしばらくたたずんでしまいました。
(だから何?と思った方、正解!!)


さて鬼の居ぬ間にホロで残飯をちらかしたあと、海賊がやって来ないうちにさっさと海賊島を離れました。
しかし、何か様子が変だ・・・
遠くに多数の艦影が見える・・・

と、訝しげに航海してると・・・
( ゚o゚)ハッ!某国の巡視艦!!襲われた~!!!

↓勝ち目ないので機雷まきながら急加速して逃げるセレムのクリッパーw
巡視艦
(拡大できます)

実は世界周航出発前に、クリッパーを遠洋航海仕様に改造・・・船員50人と大砲22門搭載させて簡単な海戦ならこなせるようにしたんだけど・・・
こんなに戦闘艦に出てこられたら機雷撒いて逃げることしかできないじゃんww
しかも船首砲で砲撃してくるし、思いっきり船尾にクリティカルを食らったさ!!
(-_-メ;)

とりあえず逃げ切ったけど・・・久々にスリル味わったなぁ。
味に例えると・・・知らんわw


その後、まもなくまた海戦の予感がぁ!!!
なので久々に蒼い戦列艦に乗って出撃してみました・・・が!
大砲をあまりもってなかったので3スロで戦う羽目に・・・w
なので海軍出動要請書を使ってネーデルランド海軍に任せちゃいました♪


↓機動戦には戦列艦より軍用ジーベックのほうが使いやすいと思ってみたり・・・
ディリ沖の海戦
(拡大できます)


さてこのあとセレムはルンでナツメグを大量に積んでアフリカを目指します!
東南アジアからアフリカへの逃避行・・・
何かがセレムたちを狙ってる!
イベント終わらせた人ならお分かりだけど、知らない方にはこっそり教えましょう♪
何が狙ってるかというと・・・

知らんわw
( ゚o゚)1+1=3


↓ナツメグ積んでの交易モードでイベントを続けるリスクを背負うセレムの商用クリッパーw
アフリカへ!



こうしてセレムは某国の陰謀から逃れるように西へ西へと向かうのでありました・・・
はたして大量のナツメグは無事にヨーロッパへたどり着くのか!?
それはまた次回ということで~ ノ



回転寿司のネタが64周するくらいつづく・・・☆ミ
(^ー^)ノ安倍さん、おつw

世界周航編③~ありふれたオーストラリア周航の巻・・・☆ミ
リアル・土日を利用して北陸地方や岐阜県にある世界文化遺産・白川郷の合掌造りの集落に行ってきました♪
いつか日本が実装されたときにこの合掌造りも発見物になるのかなぁ・・・なんて白川郷にいるときはそんなこと微塵も考えませんでした~
それにしても白川郷の合掌造りの里は純和風でおとぎ話に出てくるような世界でしたョ♪
(^ー^)ノ

↓白川郷・合掌造り・・・画像はお借りしてます。^^
合掌造り
(拡大できます)


さてそんなわけでマニュアル車でのロング・ドライブによる疲れのため今回はいつもより文章すくなめでいこうと思ふw


ニュージーランド周遊航海を終えたセレム=リーシェスは、ニュージーランドからさらに西へと航海を進めてみた。
するとそこにはお約束どうりオーストラリア大陸が♪
さっそく時計回りに沿岸航海してみます。
すると・・・


↓タスマニアデビルが棲む島に街を発見!
街発見!
(拡大できます)


↓海浜でたたずむ娘。誰もそんなこと言ってないじゃんw
娘



↓レシピより。昆虫ではなく食料品扱いという点にカルチャーショックでさぁw
イモムシ
(拡大できます)


↓街なかの海浜で釣りしてみた!釣れた魚・・・やっぱりお前かいww
釣り
(拡大できます)


タスマニアデビルが棲む島にある街を出たセレムのクリッパーはオーストラリア大陸をさらに時計回りに進みます・・・

すると上陸地点を発見!
上陸してみるとやっぱり誰かさんたち(NPC)がいらっしゃるw

↓小高い丘からアピールしてからかってみるセレムw
アピール
(拡大できます)


再び海に出たセレムはさらに時計回りに進む・・・
するとまた・・・

↓ちょこっとチョコレートをイメージしそうな街の名前ですことw
街発見!
(拡大できます)


↓街のなかにて。猪木がこんなとこにいるよぉ(ノ_・、)グスン
像



↓街なかにて。水面から出ている木の根っこの長さが気になる・・・w
自然
(拡大できます)


街を離れようと出航所に赴いたら海が荒れてる(嵐)と知ったセレムは・・・
すぐに出航しましたぁ♪\(^o^)/


↓横殴りの雨、縦殴りの経験値・・・この画像はスルーしてくださいw
嵐
(拡大できます)


はい!
そんなわけで、ありふれたオーストラリア周航はここでおしまい。
次回は・・・なんだろ?
まだSS(スクリーンショット)をチェックしてないのでまだわかりません。^^;
でも大航海での進行に比べて、ブログ記事の進行が大幅に遅れておりますw
なのでプチ旅で疲れてる身でありながらちょと頑張って更新してるのであります・・・

ちなみに9月9日22時58分現在、セレム=リーシェスはポルトベロの海岸でたたずんでるんです・・・オフラインですがw
そんなわけで更新頻度を上げていきたいと思いますe(^。^)g_



ちょい急ぎ目でつづく・・・☆ミ
(^ー^)ノ



世界周航編②~ニュージーランド周遊航海・・・☆ミ
(^-^)/ハーイ!セレム=リーシェスです♪

さて前回から始まりました世界周航編~♪
太平洋を横断し始めたセレムのクリッパーはいつ訪れるかわからない陸地発見の喜びを待ち続けながら西へ西へと航海を続けていきます・・・

幸い【釣り】と【調達】で食料や水を補給できるので安心なんですが、リアル深夜に太平洋横断を試みてるので眠いのでありまーすw
(-_ゞ ゴシゴシ

航海日数も数十日が経過し、なかなか陸地が見えてこないし、もし次に切り替わった海域がアガラス岬沖とかだったら絶対ログアウトしてやるっ!と思い始めた頃やっと・・・


↓地平線の先に陸地が見えてきた~♪
陸地発見!



その島は南北に分かれた大きな島、ニュージーランド!^^
遠くから街を見つけると同時に、他の航海者たちの船もちらほらと見えてきました♪


↓ニュージーランドにある街に上陸!思わず“湾岸”?と読みそうな街でしたw
街発見!
(拡大できます)


新世界における楽しみのひとつはやっぱり異文化色のある街並みを観察することです♪


↓南国の島特有のファレがあります。^^
ファレ
(拡大できます)


ファレとは“家”という意味で、プライベート丸出しの家なのであります。
ここまでプライベート丸出しだと“すべて”の営みがいつも大公開中になってしまいますw
例えば、あんなことするときはどうするんだろう・・・と考えてしまいますw
((・_・?)ナンノコト?)
そしてファレの中にある蚊帳に包まれた寝室になぜかロマンスを感じるのは映画の見すぎ・・・?
でもなんか憧れるなぁ~☆ミ


さて次は南国の酒場メニュー・・・

↓思わず(゚ロ゚)ギョェとなるようなメニューがありますよ♪(^ー^)ノ
南の島料理
(拡大できます)


芋虫.。oO ってどんな味するんだろ?
一度、食べてみたいぞょ!(^^_)♪
ワニ肉なんて美味そう!!
プラムジュースもある!
確かプラムって鉄分豊富で造血作用があるんだよね?
って半ば適当に言ってみましたが何か?

とにかく南国料理は魅力いっぱいなのです♪(*^.^*)


南国料理でお腹を満たしたセレムはニュージーランドを1周しようと再び出航しました。

↓wikiとか見ないで世界周航してるので何か発見がないかとo(^ー^)oワクワクしてますが何か?
ニュージーランド周遊



ニュージーランドにある南北の島を探検&周遊航海しているとヨーロッパでもおなじみの“あいつら”を発見しました!


↓あいつら・・・大きく出世したなw収奪の的にされるのも時間の問題か!?
ならず者
(拡大できます)


やがてニュージーランドをひとまわりして再び“湾岸”という街へ戻ったセレム。


↓街なかの海浜にて。
ニュージーランド
(拡大できます)


↑この景色が夕方になると・・・

↓こんな感じになるんだろなぁ・・・(壁紙.com)ヨリ
夕焼け
(拡大できます)

こんな美しい夕焼けを飽きるほど飽きるほど・・・きっと永遠に飽きないけど飽きるほど見つめ続けたい・・・
リアル大航海時代、苦難の航海のさなかで多くの船員たちはこんな美しい景色を痛いほど網膜のなかに焼き付けたんだろなぁ・・・
いいなぁ・・・
死にたいなぁ・・・(なんでやねん!ヾ(^^ヘ))


さてニュージーランドを周遊航海したセレムは、いよいよオーストラリアを目指します!
この先、セレムに何が待ち受けていて、どんなコメントを展開していくのか誰にもわかりません・・・

そんなわけで・・・

奇跡的につづく・・・☆ミ
(^ー^)ノ







世界周航編①~太平洋で考える翻訳家・・・☆ミ
リアル西暦2007年8月・・・大航海世界はまた新たに世界が広がった!
大航海世界において右から左へ、左から右へと世界周航が可能になったのであります・・・☆ミ

スピリチュアルな冒険家・セレム=リーシェスは新設された航海者養成学校に見向きもせず、単身、世界周航に挑戦することにしたのでした・・・

そして気がかりなあのマゼランの横顔・・・


↓偉大な航海者マゼラン・・・。
マゼラン



偉大な航海者マゼランの顔は見ようによっては怪しくもあり、果たしてマゼランとはどういう人物だったのか気になるのであります。


ちなみに今シリーズ、世界周航編の画像は極力ネタバレにならないようにサムネイル化してあります。
なのでだいたいの雰囲気を感じて頂ければと思います。^^


↓イベント幕開けです♪
幕開け
(拡大できます)


↓この方にあーだこーだ言われる・・・終身議長万歳w
バルネフェルト議長
(拡大できます)


↓さらにあーだこーだ言われる・・・クリスマスの電飾つけたろかっ!!
タベラ枢機卿
(拡大できます)


↓なんか乗ってきた!少ない女だ!!あーだこーだ言う気か!?
少女
(拡大できます)


ここでひとつ告白(^ー^)ノ
実はセレム、カナリア沖恐怖症なんです(^ー^)ノ
過去に散々PKに襲われたからです(^ー^)ノ
しかも初めてPKで沈められた海域だし(^ー^)ノ

だから・・・

クエやイベントでもなければまずカナリア沖には入りません!!!
以上!
世界周航編①終わりっ!!

嘘w

まだつづく!

     ↓

     ↓ 

そんなカナリア沖には至近距離にPK(海賊)がいましたが別の航海者を襲ってる最中でしたw
おなじようにイベントしてるらしい艦隊にPK位置報告をしたあとセレムはクリッパーでカナリア沖を脱出します!


↓南米に寄港しながらマゼランの航跡を辿ります・・・♪
南米寄港



やがてセレムは南米南端の狭い海峡に差し掛かりました・・・
しかしそこにはイスパの私掠が2隻たむろしてるではないかっ!
思わずセレム・・・

うぜええ

と言っちゃいましたぁ\(^o^)/

するとイスパ私掠の1人が反応した!

イスパ私掠 : 『そうでもないよ。』

セレムのクリッパーが港の安全エリアで錨を降ろして停船してると・・・

イスパ私掠 : 『行っていいよ』

考えるセレム。
行っていいよと言っておいてあとから追いかける気かな?

イスパ私掠 : 『襲わないから行きなよ。』

考えるセレム。
この先の太平洋はかなり広いらしい!
眠くなってきたしPKもいるしここで落ちようかな・・・

イスパ私掠 : 『どうせ追いつけないし・・・』

セレム : 『いあ、眠いから太平洋横断は今度にしようか迷ってるw』

イスパ私掠 : 『確かに太平洋は広いよ。でも冒険家なんだからやれるよ!』

セレム・・・

私掠に励まされちゃいましたwww

こうしてセレムはイスパ私掠に手を振って太平洋へと突入したのでした。^^


太平洋を横断するセレムのクリッパー。
ひたすら西へと向かいます・・・

西へ・・・

西へ・・・

SAY,SAY・・・!!

↓何度沈みゆく夕陽を眺めただろうか・・・陸地がいっこうに見えてこない・・・
太平洋1



↓南十字星を探してみるけど・・・星ありすぎてわからず(・_・?)
太平洋2



測量地図でもなかなか島が見えてこない・・・
だんだん不安になってきます・・・
もしかして行き過ぎて喜望峰へ向かってるのでは??
しかも雨も滅多に降らないw

やはり道楽で酒場娘を口説きすぎたから陸地が見えてこないのか!?(それは違いますw)

考える翻訳家セレム。

あぁ、なんだかだんだん意識が遠のいてきた・・・

このまま船は朽ちて、やがて千の風になって歌ってしまうのか・・・

あぁ・・・

あ・・・

あ?

2%の確率でつづく・・・☆ミ
(^ー^)ノ

夜の翻訳家、アンジェラを除霊す・・・☆ミ
最近、月の魔力に惹かれているセレムです・・・
そしてこれを書いている時間はリアル深夜、そんなときにあえてまた前回と同じような内容で書き直そうと文章を綴ってますよ~♪
(^ー^)ノ

話はズレますが、よく心霊現場で写真を撮ったりビデオ撮影したりすると突然!電気機器類が原因不明の故障を起こしたりします。
それと同じように霊的な話題をブログなどに書いてると(内容にもよるけど)突然、普段起こらないような現象で文章が消えてしまうことがあります・・・
わりとそんな経験をしてるので最近はまたかよwとちょい不快な気分になるんですが、でもたいていそんなときはスピリチュアルに解釈して、文章が行き過ぎていたんだなと新たに書き直すようにしてます。^^

なので今回の内容は前回・・・幻と消えた1回目の『夜の翻訳家、アンジェラを除霊す・・・☆ミ』よりはスピリチュアル要素を弱くした内容で大航海物語を綴っていきます・・・☆ミ


さて、夜の翻訳家として数多くの大航海世界の酒場娘たち(一部は男w)を口説き落としお泊りをしてきたセレム=リーシェス・・・。
たいていの酒場娘たちは陥落するのに時間はかからなかった・・・だがしかし!
セレムは手強い酒場娘に遭遇する!

その名は アンジェラ 。
ロンドンの酒場娘である・・・。

どうやらこのアンジェラには某航海者の深い思い入れにより心が支配されているようだ。
どんなに口説いても口説いても某航海者の名前を口にする!

これは某航海者の情念がアンジェラに憑依してるに違いない!

セレムは一度ロンドンを離れると秘書ルゥ=イアンを同行させて再びロンドンへと戻ってきた。

そしてさっそく 除霊開始!! と、言っても今まで以上に気合い入れて口説くだけなのですが・・・^^;


↓寂しさは魔物に忍び込む隙を与えるものなのであります・・・
アンジェラ1



さらに功徳(口説く)により“除霊”を進めていくセレム・・・


↓邪悪な想念から家族を守れるような旦那さんになりたいのであります・・・
アンジェラ2



口説きという除霊を進めるセレム。
しかし某航海者の情念もまた深くなかなかアンジェラの心は解放されない・・・
セレムは秘書ルゥの力(ルゥのアイテム枠を利用した多くの貢物)をさらにアンジェラに投入~!

ブースト込みで口説きスキルR10以上、さらにアイテムを使って一時的に口説きスキルを上昇させての口説きを実行していくセレム・・・

そしてついに!!!


↓アンジェラの心を解放することができた~っ\(^o^)/ワーイ
お泊り・アンジェラ
(拡大できます)


↓思わずアンジェラの前で喜びをアピールする夜の翻訳家w
アピール・セレム



↓そんな夜の翻訳家に呆れる酒場のマスターw
酒場マスター



こうしてセレムはロンドンの酒場娘・アンジェラに除霊を行い某航海者の情念から解放することに成功したのでした♪
これによりまだ口説き落としていない酒場娘はあと3人を数えるのみ!
ただの口説きスキル上げのつもりが、お泊りしたときの酒場娘たちの反応やセリフを知りたいがために全世界お泊り制覇を目論むようになってしまったのでありまーす。^^

さて前回、幻と消えた同タイトルの内容と比べたらかなり無難な表現に抑えましたw
まもなく最も霊があらわれやすい時間?になりそうなので今回はここで切り上げ、最後に保存のクリックして記事完成とさせたいと思います♪

あ、最後に。
アンジェラに貢ぎ込んでいた某航海者さん、ごめんなさいね^^;
また頑張って貢いでくださいね♪
もう二度とアンジェラには貢がねーからよ。ヾ(´▽`;)ゝ



ときにはダークなネタでつづく!?・・・☆ミ














霊現象?でネタがとぶ・・・w
さて今回ここに書かれてる内容は実は2回目でして、『夜の翻訳家、アンジェラを除霊す・・・☆ミ』というタイトルで少しスピリチュアルな内容のネタを綴っていたんですが、あと少しで完成というところで突然のPCエラー、そして文章が・・・

全て消失しました!!!

ちゃんと小まめにコピーもとりながら文章を作成してたんですがそのコピーさえ消えてしまいましたw
システム的な原因は不明です(ToT)

でもたまにこういうことってあるんですよね・・・
ホームページなどで霊的な内容を書くと(書きすぎると?)よく作成中に消えるんです。
なんでなのかは分かるけど、でも消した存在に言いたい・・・

オレの1時間半を返せ!!!

by セレム

『オーラの泉』の江原さんが

それは必然です・・・

と、おっしゃるならあえて僕もスピリチュアルに解釈するんですが・・・

でもブログを書いてる方なら、今まで頑張って書いてきた内容が一瞬で消えたときの悲しみや悔しさってわかりますよね?
(ノ_・、)グスン

こういうことが霊的なものが原因なのかを信じるか信じないかは別ですが・・・
今後“そういう”内容を書くときは慎重にいきたいと思います。^^

消えたショックで書く気が失せたので『夜の翻訳家、アンジェラを除霊す・・・☆ミ』というタイトルでまた後日、書きたいと思います♪
(もしまた消えたら別タイトルで。^^;)


↓大航海に関係ないけど・・・おまけ。^^
神秘的な画像



とりあえず・・・

スピリチュアルにつづく・・・☆ミ
(^ー^)ノ

Copyright © 堕天使のハープ~FC2~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。