Novel Creator として創作活動しています。小説『ネット恋愛』・・・3の倍数日に連載中☆ミ・・・☆

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イモト完走と選挙結果に震えた日・・・☆
こんちゃ!セレムです♪
(^ー^)ノ


今回は【リアル日記】的内容なので興味ある方だけどうぞ~☆


まずは日本テレビ系列の24時間テレビ・・・

珍獣ハンターとして最近注目していたイモトアヤコによるフルマラソン3本分、126.585キロの完走には本当に感動して心が震えました!!

24時間テレビでランナーに選ばれた時からずっと楽しみにしていたし、『世界の果てまでイッテQ』などでもキリマンジャロ登頂成功や珍獣相手のチャレンジなどで根性を見せてくれたイモトなら今回の24時間マラソンもやってくれるだろうと期待していた・・・

でも、終盤のイモト・・・下半身の苦痛に顔を歪めながらも、目だけはしっかりゴールを見据えるようにして走り続ける姿を見ていたら涙が出てきた。。。

そのとき、イモトがキリマンジャロを登ってる時に吐露した言葉を思い出したからだった・・・

『私は本当は何もない人なんです・・・』

とくにお笑いが得意であるわけでもない、しゃべりが上手なわけでもない・・・
イモト自身がそんな無力な自分を感じるように番組の中でそうつぶやいていた。。。

そんなイモトの想いが今回のマラソンを絶対に完走させる!という強い気持を起させ走り続けているんだと感じた・・・

しかもイモトはもともと短距離ランナー、そんな短距離タイプの“脚”がいきなり126キロもの長距離を走るなんて肉体的に相当に厳しく、苦しいはず!

それでも歯を食いしばって精神力で走り続けるイモト・・・

そんな姿を見て


人間って気持ちひとつでここまでやれるんだ・・・!!


というメッセージを強烈に感じた!!


イモトは自分の力量を知ってるからこそ、そしてその責任感の強さから絶対完走を目指していたんだと思う。

そんなイモトが無事、完走してくれて本当に良かった!
\(^o^)/

そして何だか前に進む“勇気”をもらったような気がした・・・☆彡

ありがとう、イモト・・・!!

ゆっくり休んで再び珍獣ハンターとして新たな冒険に出てくださいな♪

これからも楽しみにしてます☆ミ
(^ー^)ノ



さてもうひとつ心が震えたのは民主圧勝による選挙結果に対してでした・・・!

ちなみに僕が住んでるエリアは選挙区でいうと“岐阜1区”。

そう!自民勢力が圧倒的に強く“保守王国”とまでいわれてるエリアなのですw

そんななか、僕は久しぶりに投票に出向きました・・・

そして民主党の柴橋氏に投票しました!

自民党の野田聖子には目もくれませんw

比例でも民主党を選んだけれど、別に民主党が好きだからではありませんw

むしろ嫌いかも・・・w

だけど、自民党による構造的な腐敗が許せなかったから、とくに天下り・・・!

そんな驕りと腐敗に満ちた自民党政権を崩壊させてくれるんならどこでも良かった!

別に民主党のマニフェストなんて重視していないw

そしてその民主圧勝、政権交代確実!という選挙結果を見たとき僕はひとり高笑いした!


思い知ったか!自民党政権め!!


・・・だけど民主党政権に不安がないわけでもないw

いや、正直ある!!

だけど自民党大敗という前例を作ることはこれからの日本の未来にとって重要なことなんだ・・・

ひとつの政党による一党独裁的な政権は必ず腐敗を生みだす!

そして国民が選挙という民主主義的な方法で“審判”を下したという意味も大きい!


それでもやっぱり・・・あの自民党がこんな形で大敗したという事実にはやっぱり心が震えたし、怖くもなったw

そして民主党政権の誕生・・・これからどうなるんだろう?

僕は今回の選挙で一番驚いてるのは当の民主党だと思うし、そして彼らにしてみれば政権獲得は時期尚早に感じているのでは?

棚からぼた餅・・・的な政権獲得w

でも民主党に一票を投じたひとりとして民主党に期待するしかない・・・

なんかひと波乱ありそうな気がするけど・・・

やっぱり運命の2012年が近づいてるからそれも仕方ないということかなw

^^



・・・ということで8月30日はイモトの完走といい、選挙による民主圧勝自民大敗といい本当に心が震えた、ある意味、歴史的な一日になったのでした・・・☆ミ


※今回は一部政治的な内容でもありあくまで個人的な考えを表明しただけなので政治的な論争目的(挑発的)なコメントは控えてくださいな。^^



スポンサーサイト

大西洋での油断・・・!
あーうーですね!^^
(^ー^)ノ右舷からこんちゃ!


さて、今回は香料商人・劉唯媛(ルゥ=イアン)に起こった出来事のお話です・・・


いつものように東南アジアとヨーロッパを香辛料交易してはアルハンブラの軍資金を稼ぐ劉唯媛。

当然、危険海域において海賊の気配が漂ってる時は最大限の警戒を怠りません!

しかし、今日、劉唯媛は“中の人”のせいで久しぶりにやられてしまったのですw
( ゚o゚)!


東南アジアで香辛料を満載してヨーロッパへ戻っているとき、それは大西洋での出来事でした・・・

ちょうどリアルではNHKで高校野球準決勝戦・県岐阜商 vs 日本文理 の試合が行われていたのです。

そして大西洋では・・・戦闘レベルが20台なのに大型クリッパーに乗っていそうなオスマントルコの私掠の気配がありました。

大西洋をまっすぐ北に針路をとって北上する劉唯媛の商用クリッパー・・・

しかしリアルでは高校野球の試合に“目”は釘付け・・・

ふとPCの画面に目を戻すと前方からオスマントルコ私掠の大型クリッパーが!!

これは回避は無理だと思い上納品の用意をしていると、何事もなかったかのようにすれ違って離れていったのでした・・・
(^。^;)フウ・・・

その私掠は反転しないで水平線の向こうに消えていったので、僕の“目”は再び高校野球の試合に・・・

しばらくして北東に針路を変える座標を過ぎてしまったことに気づいて劉唯媛は針路をマディラ沖方面に向ける。

そのときにふと思った!

さっきの私掠、もしこちらが交易からの帰りだと見抜いたら当然こちらのルートを予想して、反転&北北東の針路をとって動きの遅い商用クリッパーに追いつこうとするかもしれない!
もし僕が私掠の立場ならそうする!

これは危ないな・・・

次の瞬間!!!


あ!打たれた!!


日本文理に先制点を入れられた!!

県岐阜商、なにやってんのーっ!><

もう高校野球に“目”は釘付け・・・( ゚o゚)アウアウアー!

そしてまた次の瞬間!!!!

劉唯媛の後方から追い風で急速接近してくる私掠の大型クリッパーがーっ!!!

マディラ沖まであと少し・・・1点返してくれ・・じゃなく逃げ切ってくれーっ!

うぉーーーーっ!!

・・・・・!


私掠に襲われましたw


↓即行、上納品を渡して私掠から逃れる劉唯媛・・・(・_・、)
20090823
(拡大できます)


しかもこんなときに限っていつもの2倍の所持金をもってたw

あああ、ちゃんと私掠の動きを予想していたのに高校野球を観てて対処法をとらなかったからこんなことに・・・!!
><

なさけなーいw

しかも、大型クリッパーに乗ってるだけがとりえの戦闘レベルが低い奴に、かつ商船しか襲えないような卑劣な奴に、言い方変えれば、上納品を得るためにあえて大型クリッパーで活動するとはなかなか考えてるな・・・って思う奴に襲われるとはーっ!!

いや、それ以上に、超地元の県岐阜商が日本文理に敗れるとはーっ!!
><

せっかくPL学園と帝京を破ってきたのに・・・;;


あかーん!すぐに話がそれてまうわ!!


と、いうことでしたぁ!(^ー^)ノ



・・・やっぱり油断大敵ですねw

さっきもコーヒーカップに入ったコーヒーが凍ってると思って思いっきりカップを傾けて飲もうとしたら実は表面しか凍っていなくて・・・おかげで思いっきり顔からコーヒーをかぶりましたw

で、床にこぼれたコーヒーをふいていたら愛犬が“すぐに”寄ってくるし・・・

なめたらあかーん!

ホント、今日は、あかーん・・・な日でしたぁ!(^ー^)ノ


それにしても、あの私掠!いつか必ずアルハンブラで襲って『あかーん!』て言わしたる♪


ってことで・・・


つづく(^-^)/~



チェンジ!
突然ですが・・・リアルで丸刈りにしたセレムです♪
(^ー^)ノこんちゃ!

別に懲罰を受けたわけじゃありませんw

夢の中でインド人理容師に下手くそな丸刈りにされたからかもしれませんw(実話)

とにかく、なんか、こう、チェンジしたかったんです><

で、限りなくスキンヘッドにしたかったんですが、リアルの仕事がいちおう接客の面もあるのでそれはやめておきましたw


と、いうことで今回も大航海のお話です・・・☆ミ


さて東南アジアから香辛料を運んでマルセイユへとやってきた香料商人・劉唯媛(ルゥ=イアン)。

マルセイユの広場で商会ショップに出展するためのワインを買っていると突然、見知らぬ航海者から艦隊の勧誘を受けましたw

見ると航海者養成学校の生徒さんみたいです・・・

見知らぬ人からの意味不明な艦隊勧誘を断ろうとしたら間違えて艦隊に入っちゃいましたw

どうやら学校のクエである“艦隊クエ”(3人以上の艦隊を組んで教官に話しかける)だったらしく、事情を知った劉唯媛は酒場まで同行したのでした・・・

↓突然の艦隊勧誘に訳もわからず酒場にやってきた劉唯媛・・・^^;
20090821a
(拡大できます)


突然の艦隊クエが終わってから劉唯媛は再びワイン購入の続きに戻ったんですが・・・

てか、なんかおかしくない??

艦隊クエで人を捜すんなら、ふつう、事情を話して了解を得てから艦隊勧誘するものじゃなくて?

いきなり艦隊勧誘だなんて・・・こいつは強引な奴か、もしくは小学生だなぁと思いましたw


劉唯媛がそんな出来事に遭遇している頃、砲術家・アルハンブラはバレアレス諸島沖でモスタガネム海賊と戦っていました!

しかし・・・

↓カスタムスロットのF1がいつもの【回避】じゃなくて【花火】になっててやりづらかったw
20090821b
(拡大できます)


実はリスボンで商会の方に造船してもらっていたのですが、待ってる間にバザーで花火をいくつか買って沖に出て連発して打ち上げていたんですw
だからF1をいつもの回避スキルに戻すのを忘れていたのでした・・・^^;


モスタガネム海賊を重ガレーに乗ったアルハンブラは撃破すると、続けて近くにいたジェノヴァ商船隊も撃破!

そのときに戦闘レベルが上がったので、さきほど造船してもらった銅張りのラ・レアルに乗り換えることにしました♪

さっそくパルマでラ・レアルを改造、整備するアルハンブラ・・・。

正直、重ガレーとあまり性能的な差はなさそうだけど、銅張りであるということで耐久力が高いのと、重ガレーよりは多少航続距離があるかな。

今まで冒険用のガレーしか乗ったことがないから、重ガレーやラ・レアルは初めての体験ということで何だか新鮮なのです♪

↓見た目あまり重ガレーと変わりなさげだけど・・・まぁ、いいや。^^
20090821c


こうして重ガレーからラ・レアルにチェンジしたアルハンブラは再び西地中海一帯で戦い続けるのでした・・・☆ミ



さてここからはおまけですw


本日をもちまして課金切れになった“製品版アカウントを5つそろえるためだけに復活していた”赤毛の男が再び休止状態に入りましたw

今後、彼は“商会の維持条件を満たすためだけ”に毎月1回だけINすることになりますw

↓唯一の“おふざけ”キャラ・・・ちなみに借金も返済しておきましたw
20090821d
(拡大できます)


そんなこんなで・・・


つづく(^-^)/~



海事のウォーミングアップです!^^
世界陸上、始まりましたネコんちゃ!
元短距離ランナーのセレムですw(逆に長距離はまったくのダメちゃんですw)
(^ー^)ノ・ボルトトゲイカツノハドッチ!?



さて前回、ついに本命である軍人の道を歩み始めたアルハンブラ。

しかし久々の海事にアルハンブラは少し自信がありませんw

なので海事のウォーミングアップをすることにしました!

ちなみに冒険家時代のアルハンブラの主な海事系スキルは・・・

砲術、回避、剣術・・・ぐらいでしたw

以前は弾道学など砲撃系スキルや白兵系スキルを持っていたんですが冒険修行を始めた時にランクに関係なくすべて消してしまっていたのです・・・

だからまずアルハンブラは以前に消した砲撃系&白兵系スキルを学びなおすことから始めたのです!

ということでアルハンブラはジェノヴァで軍人転職クエを繰り返します・・・

准士官、傭兵、用心棒・・・などに転職して弾道学や水平射撃、突撃などを学びなおしました。

そしてマルセイユにやってきたアルハンブラは広場で航海者たちに叫びます!!


どなたか砲術家転職クエを紹介&同行してくださーい!

謝礼100万です


するとすぐに海事依頼仲介人のところへ軍人らが集まり、アルハンブラは砲術家転職クエを請けることができたのでしたぁ♪
v(^o^)

やっぱり手っ取り早くやるには高めの報酬で募集するのが一番だね!うん!(^-^)


こうして砲術家になったアルハンブラは戦闘用に改造した商用大型ガレオンで出撃!

ジェノヴァやチュニスでの海事クエで本格的に海事のウォーミングアップ開始です!^^

しかーし!

戦闘用に艤装された商用大型ガレオンは航続距離は長いものの、速度が遅い><

これにたまりかねたアルハンブラはアルジェで重ガレーに乗り換えますw

そして士官クエに登場するモスタガネム海賊を撃破した段階でついにアイツに挑みます!

それは西地中海で海事修行する者にとって“おいしい”NPC・・・ジェノヴァ商船隊です♪

カロネード砲全56門、船員150人を乗せた重ガレーはジェノヴァ商船隊を撃破!

ようやくアルハンブラの海事修行は軌道に乗ったのでした・・・\(^o^)/

↓チュニス沖でゴンサロさんとやりあうアルハンブラ。未熟な突撃を繰り返してます♪
20090816
(拡大できます。でも名前の上にわざと色を塗っちゃいましたぁ♪)


そんなわけで砲術家・アルハンブラは西地中海一帯をのそのそと戦い続けていくんですが・・・

そんなとき、サプライズな出来事が起こりました!

バルセロナ近くでアルハンブラがジェノヴァ商船隊を撃破してみると、その元海戦域にイスパニアの小型船が1隻停泊してる・・・!

それはこのブログにもコメントで登場しているジェリドさんでしたw

アルハンブラは水&食糧が切れかかっていたのでとりあえずジェリドさんをバルセロナまで“強引に”引っ張り、やがて初めてのご対面!^^

つい最近、PS3で大航海に復帰したジェリドさんはアルハンブラの姿を見て少しビックリしていましたが、どうしてかは内緒ですw

しばらく会話した後にフレ登録したんだけど、PS3でデビューしたばかりのジェリドさんにとってアルハンブラは初めてのフレ・・・

けれど、一方のアルハンブラにとっても初めてのフレだったんです!!
\(゚o゚;)/コロッケマイウー!

それはなぜか・・・?

それはゲームの中で実際にアルハンブラに出逢ったら聞いてみてくださいw

そして今回の記事の画像でも名前を消しているのは理由があるわけで、なかには秘密主義かよ!と思う方もいるかもしれないけれど・・・これにはアルハンブラの野望と関わりがあるのですw

なので現段階ではアルハンブラの正式名称とその人物像は“ブログ上”では秘密にしておきますにょー!
(^ー^)ノ

(てか長くこのブログを閲覧してる方はご存知のはずです。^^)


さて、そんなこんなでアルハンブラの海事修行は始まったばかり!

当面の目標は砲術家転職クエを自力で出すことができるようになることとターキッシュ・ガレーに乗ること!
それが叶ったら・・・あの紋章を奪いに行くことです!!

そしてこのアルハンブラの大航海物語を読み進めていけば、アルハンブラの野望が何かわかることでしょうw

そんなのわかりたくもない?

そんなアナタガスキタカラ―w





つづく(^-^)/~



アルハンブラからの請求書
テレビのスイッチをONにしたときに最初に映る画像の中からこんちゃ!
(^ー^)ノ


さて今回は実話を基にした対話形式的大航海物語です☆彡


舞台は東南アジアの港町・マカッサル・・・

その港に停泊する商用帆船の船長室にて。


劉唯媛(ルゥ=イアン) : 『よし、これでクローブの積み込みは完了ね!』

副官ヘッケル : 『船長、たったいま入港した欧州からの船が船長あての手紙を・・・』

劉唯媛 : 『私に?誰からかしら??』

副官ヘッケル : 『差出人はアルハンブラさんからのようです』

さっそく手紙を読む劉唯媛・・・

劉唯媛 : 『なんてこと!アルハンブラからの請求書だわ!』

副官ヘッケル : 『大金を持ってるはずのアルハンブラさんが請求書ですか??』

劉唯媛 : 『どうやら商館交易で赤字を出して約2000万の損失・・・w』

副官ヘッケル : 『に、2000万ですか!』

劉唯媛 : 『でも商用クリッパーを操船できるようになったみたいw』

副官ヘッケル : 『赤字覚悟で交易の勉強をしたんですねw』

劉唯媛 : 『そのあと各地の商会ショップからマグロを大量に購入して・・・』

副官ヘッケル : 『さては保管スキル上げですね!』

劉唯媛 : 『マグロ数千匹の代金で約8000万・・・w』

副官ヘッケル : 『商館のマグロは平均15000前後で売られてますからね』

劉唯媛 : 『そのうち約200匹をネズミにゴチにされ・・・』

副官ヘッケル : 『要はネズミに食べられたと・・・w』

劉唯媛 : 『作った魚肉は次々に海へ捨て・・・ww』

副官ヘッケル : 『積載オーバーしても無視して魚肉加工続けたんですねw』

劉唯媛 : 『おかげで保管スキルは高ランクになったとw』

副官ヘッケル : 『船長の保管スキルを超えたようですね!^^』

劉唯媛は副官ヘッケルに軽く蹴りを入れた♪

劉唯媛 : 『それで貯金が尽きかけてるのでさらに資金を・・・ですって!!』

副官ヘッケル : 『自己投資に1億つかったわけですねw』

劉唯媛 : 『まったく!なんて子なの!アルハンブラは!!!』

副官ヘッケル : 『でもおかげで早く成長できたみたいですし・・・^^;』

劉唯媛 : 『ゆっくり交易でお金を稼ぎながら交易の勉強を・・と忠告したのにw』

副官ヘッケル : 『船長、手紙にはまだ続きがありますよ?』

再び手紙に目を通す劉唯媛・・・

劉唯媛 : 『・・・めでたく、やっと本命である軍人に戻れる、と・・・!』

副官ヘッケル : 『お!アルハンブラさん、ついに軍人ですかぁ!!』

劉唯媛 : 『というわけでさらなる軍資金を要請します・・・って書いてあるわw』

副官ヘッケル : 『海事となるとさらにお金がいりますからねw』

劉唯媛 : 『アルハンブラのせいで私の財産も予想外の出費を強いられるわw』

副官ヘッケル : 『・・・ということはさらに軍資金を提供するのですね!』

劉唯媛 : 『仕方ないでしょ!兄さんにも頼まれてることだし・・・』

副官ヘッケル : 『今は亡き兄上様ですね・・・』

劉唯媛は副官ヘッケルを顔面ハリセンした♪

劉唯媛 : 『勝手に兄さんを殺さないでよっ!!(-_-メ;)』

副官ヘッケル : 『でもこれで兄上様が復活する日も・・・』

劉唯媛 : 『そう!兄さんが復帰する条件がひとつ達成されたわ!!』

副官ヘッケル : 『あとはアルハンブラさんが例の紋章を手にすれば・・・』

劉唯媛 : 『そうね!あの紋章を獲得すれば兄さんは再び双頭の鷲を手にして・・・』

副官ヘッケル : 『セレム=リーシェスさんが再び大航海へ~♪』

劉唯媛 : 『そのためにはあの子のわがままも大目に見ないとね!^^』

副官ヘッケル : 『では船長!そろそろ出航しましょう!!』

劉唯媛はアルハンブラからの手紙を航海日誌に挟んで本立てにしまいこんだ。そして甲板へ出ると船員たちに出航の指示をしてまわるのでした・・・


その頃、ヨーロッパでは・・・

アルハンブラが軍人への転職証を得るための海戦を終えていた。

そして大型商用帆船を改造した戦闘艦でリスボンへの帰途に就いていたのでした・・・

↓久々の海戦を終えて帰途に就くアルハンブラの商船型戦闘艦☆ミ
20090815
 


こうして軍人の道を再び歩み始めたアルハンブラ・・・

それはアルハンブラにとって終わりなき海事修行を意味するのです!



つづく(^-^)/~



商館交易
冷たいそうめんに温かいカレーをかけて一緒に食べることにハマりかけてるセレムです♪
(^ー^)ノこんちゃ!

ちなみに昨夜から1時間しか寝てない状態でブログを書いてるので誤字、脱字、意味不明発言があったらゴメンナサイ・・・いちおう毎回のように校正はしていますがw


さて今回は主人公・アルハンブラのお話です・‥…・・・☆


金交易の味を覚えたアルハンブラは、突然、リスボンからザンジバルへ向けて旅立ちました!

リアル深夜だったので定期船もなく、やむなくクリッパーで喜望峰経由で向かったのです・・・

ちなみに喜望峰沖では戦闘レベルの低いポルトガルの海賊が次々と航海者を襲ってましたw
当時、その海域では戦闘力が低い冒険家や商人しかいなくて、それをいいことに次々と彼らを襲っていたのでしょうw

許せない・・・!

でも今のアルハンブラでは、そんな低戦闘レベルの海賊にも太刀打ちできないんです;;

仕方なくアルハンブラは、その海賊の名前を心に刻み込んでインド洋へと抜けていったのでした・・・


さてわざわざザンジバルまで来た理由は、貴金属取引のブースト・アイテムを買うためでした♪

金は1回の購入可能量が少ないので貴金属取引があってもブースト・アイテムがないとカテ4を大量に使うことになってしまうからねw

アルハンブラはそんな用事を済ませるとザンジバルを出航、再び喜望峰沖をまわって大西洋へ~!

そして南米・リオデジャネイロに到着しました!

さっそく金を買ってヨーロッパへ戻るアルハンブラ・・・

そのときにアルハンブラは商会の方から利益の出る 商館交易 のやり方を教えてもらったのでした♪


商館交易・・・今まで(セレム=リーシェス)のやり方は、金銭的損失を前提に名産品の宝石や香辛料を商会ショップから大量に購入して相場のよい街で売るというものでしたw
相場が良い街で売っても、どうしても商会ショップで買った値段よりは安く売ることになってしまうので損をしてしまうものです・・・

でもその商会の方が教えてくれたのはむしろ利益が出るやり方でした!

と、いってもただ単にやっぱり相場が良い街で売るんだけど、それにはイスパニアである有利さを生かして最高相場で売り払うこと、そして何よりも手早く商館から香辛料を大量に買い集めて集中投下させるというものでした。

第一、目的のモノを数ある商会ショップから探す・・・ということ自体、時間や労力を要するじゃないですかぁ!

すると、その商会の方は便利なサイトを教えてくれました!

それは Goodol です☆ミ

このサイト、知ってる方は多いと思いますが、なんと商館で売られているアイテムをほぼリアルタイムで検索できるんです!

例えば、マグロを安く大量に欲しいな~と思ったら、マグロと入力して、あとは商会の場所とか、安い順だとか条件を入力するとそれに該当するリストが出てくるんですw

これ、マジで使える!!!



初めて知ったw (/。\)

ちなみに、そんな商館交易&Goodolを教えてくれた方は、その方法で1時間に50M(5000万D)稼いだそうですw
(真実かどうかは別としてかなり美味しい思いはしたらしいw)

アルハンブラが大量の金をヨーロッパに持ち帰った頃には、西地中海周辺都市の商館やバザーからナツメグとメースがほとんどなくなっていましたww

そしてその方は中華系商館に香辛料が入荷されるのを待ってたのです・・・

中華系商館・・・!

そのときにアルハンブラはその存在に懸念を覚えた・・・

奴らが運ぶ香辛料、そしてそれは中華系商館で売られ、その売上金は・・・!

商館交易は見習おう!

でも絶対に私は中華系商館からは何をも買ったりはしない!!!

それが何を意味するかわかる人にはわかると思います・・・


さてヨーロッパに戻ったアルハンブラは金をセビリアのアパルタメントに保管して、すぐに大量のマスケット銃を積み込んで南米へ向かった!

(ちなみにリアル的には、ぶっ続けてプレイしてるわけではありませんw)

そして商用大型スクーナーで大西洋を南下してると突然1時の方角から大型クリッパーに率いられたネーデルランドの私掠艦隊(2隻)が!!

絶体絶命!!

しかしお互いハイスピード状態で向かい合ってるのでアルハンブラはすぐに私掠艦隊に船首を向けると自ら接近~!

結局、襲われることなくすれ違うだけで終わりました♪

それとも、ネーデルランドの私掠はイスパニアを襲わないのかな?


やがてアルハンブラはリオデジャネイロで大量の金を購入して再びヨーロッパへ~。

ジェノヴァが良相場だったので金を売却、その後はマルセイユの商館で金を買ってジェノヴァで売却を繰り返したのでした♪
(金300ずつの商館交易で金300あたりの金銭的損失は60万ほど・・・)

結果、およそ360万ほどの損失で交易経験値を1万ほど稼げましたぁ♪
(商館交易に費やした時間は30分ほど)
(^-^)/

その後、Goodol で調べたらセビリアの某商館で金が安く売られてる事がわかり・・・

↓さっそくタンスの奥に金を蓄えるアルハンブラなのでした・・・(^ー^)ノ~♪
20090814



つづく(^-^)/~



続・皇帝の演説~マクロ弁明~
早朝、やっと眠りについたと思ったら震度4の地震で飛び起きたセレムですw
(^ー^)ノこんちゃ!

今回の地震の震源地を見たとき、ついに東海地震の予兆か!?と緊迫した気持になりましたが・・・専門家によると今回の震源地から察するに東海地震に続くものじゃないということですw


さて今回も前回に引き続き“皇帝の演説”です・・・w


アルハンブラが南米・リオデジャネイロで大量の金を購入しヨーロッパに向かってる頃、また“皇帝の演説”が始まるとの情報を受けました!

さっそくリスボン駐在特派員を現場であるリスボン教会前へと派遣、自称・ヴェネツィア“皇帝R”の演説を取材したのでした・・・


では、その演説シーンのログの一部を修正&抜粋して紹介します・・・☆


↓教会の前に立つ皇帝R、そのすぐ横にはネタキャラが立ってますw
20090811a


(実際のセリフはそのままですが航海者の名前は仮名扱いにしてます)


特派員が現場に着くとすでに“皇帝R”の演説が始まっていました・・・

・・・・前略・・・・

皇帝R>今の10人委員会は、議長職の補佐という名目でできました

皇帝R>その少し前の議題で、あからさまな余への個人攻撃が悪質で

皇帝R>余はぶちきれて「もう何も言わん、好きにしろ!」と放言してだんまりでしたが

ネタキャラ>拿捕され続けていた間も、だんまりでした

・・・・略・・・・

皇帝R>俺はここ1ヶ月、結構討伐しているけど、命令書をつかったことは一度もないよ

ネタキャラ>嘘つけ

皇帝R>それに被害を受けたというけど

ネタキャラ>マクロ野郎の言うことなんて、誰が信じるんだい

ほく>捨てネタキャラは相手にしなくていいでしょ

皇帝R>海賊をかくまっているならもはや同罪です

皇帝R>みなさんこう考えてください

皇帝R>もし、仮にリス模擬中は海賊でも襲われない特権があるなら

ネタキャラ>マクロ野郎をかくまっているなら、もはや同罪ですね

皇帝R>交易中に危険海域で海賊されない特権もあるべきです

ネタキャラ>ゴタゴタ言う前に、自分がマクロしてないって言うなら、その証拠を示せよ


↓皇帝Rの横に立つ聴衆者が激しいツッコミで口撃してますw
20090811b


・・・・略・・・・

皇帝R>そしていよいよマクロ疑惑の③です

ネタキャラ>ホント、話の組み立てがヘタだ

ネタキャラ>マクロで演説したほうが、上手なんじゃね?

ネタキャラ>そうだよな マクロ野郎

皇帝R>これに関しては、すでに公式BBSに出しているとおりご心配をおかけした点非常に遺憾に思っております

皇帝R>事実を確認しましょう

皇帝R>某日 北大西洋上で襲撃を受け

ネタキャラ>そこで50Mと多数の装備品を収奪されました

皇帝R>間をおかず、太平洋で襲撃を受け

ネタキャラ>そこでも、50Mとしょっぱい装備品を収奪されました

皇帝R>そして翌日、最後に東地中海で襲撃を受けたというのが、まだ発表していない新事実です

皇帝R>つまり2日で3回

皇帝R>いずれも枢軸の固定メンバーを中心とした襲撃でした

ネタキャラ>ああ、アテネ西の入り組んだ地形のトコでやられたヤツね

皇帝R>これは、マクロをしていたかどうかの問題ではありません

・・・・略・・・・

皇帝R>ちなみに

皇帝R>GMからは公式にも、非公式にも警告すら現時点で受けていないことをここに明言しよう

ネタキャラ>はい、また嘘でました

皇帝R>信じるか信じないかは自由だ

・・・・略・・・・


ここで皇帝Rはイスパニアへの非難を始め、聴衆たちの怒りを買ってしまいますw
野次が次第に激しくなる一方で冷静な発言を呼び掛ける方もいました。


皇帝R>イスパを馬鹿にしていない

りす>イスパとか関係なくお前個人がマクロなだけ

M>少し落ち着いてねw

皇帝R>馬鹿であると言っているんだ!

★>そうだ、発言には最新の注意を払ったほうがいい

ネタキャラ>皇帝Rはバカだ マクロ失敗してるんだから

W>じゃ~お前馬鹿ねw

E>バカはアンタでしょw

皇帝R>ついさっき馬鹿になったかのような誤解を生む表現はやめろ

ふん>俺も馬鹿

皇帝R>イスパニアは速やかにサンジョを返し

E>マクロで上げた儀

BE>だから、自分で取り返せよだったらw

W>おいw話摩り替えるなw

・・・・略・・・・

皇帝R>余は自分自身のために

皇帝R>ヴェネのために

P>結局夢見がちのわっぱの主張か

皇帝R>世界のために

ふん>余だって。。;;

W>おいおいw

E>余のためにマクロ使いました

皇帝R>毅然と戦うことをここに約束します☆ 以上


↓皇帝Rにツッコミを入れる聴衆者・・・けっこう笑えましたヾ(@゚▽゚@)ノ
20090811c


皇帝Rのマクロ疑惑についての弁明演説に納得がいかない聴衆者たちの発言は次第にエスカレートしていきます・・・


ボー>RMTを叩いていた奴がマクロしていたことにみんな怒ってるんだ!!

P>自分の主張は正しいと言えますか?

皇帝R>皇帝の財産は、基本討伐行為と交易です

・・・・略・・・・

皇帝R>余は、移籍組みと違って、ヴェネに生まれヴェネに育った

ネタキャラ>はい、また嘘です

風>1対1の決闘って受けれる?

ネタキャラ>皇帝Rのキャラ作成時の国籍はイングランドです

皇帝R>どこがおかしいか教えてほしい

皇帝R>決闘しない(時間長いから)

E>決闘しない(負けるから)

・・・・略・・・・

皇帝Rは踊った

突然、意味なく踊りだした皇帝Rにまたしても非難の野次がw

・・・・略・・・・

そして突然!

皇帝R>では、さようなら~ 今日はありがとう!

皇帝R>拍手!

皇帝R>じゃあまたどこか出会おう!


突然、一方的に演説を終わらせた皇帝Rは聴衆たちの非難を背に逃げ出した!

ネタキャラ>このマクロ野郎によ~

MT>にげんなああああああああああ

まと>逃げたw

ふん>豚は散れ!

M>にげた

ネタキャラ>逃げるなマクロ野郎

MT>逃走皇帝R

ネタキャラ>2度とリスボンにくんな


↓皇帝Rを追いかける聴衆者たち・・・特派員も追いかけました♪
20090811d



さて、こんな感じで皇帝Rの演説は終わりましたが、実際には1時間ぐらいの演説でしたw
だからここで紹介したログはだいたい3分の1くらいかな。

皆さんは皇帝Rの演説、どう思いました?

わたくし個人の感想としては、皇帝Rがマクロしていたかどうかなんてそれほど関心はありませんw

だけど、大航海世界(Euros)でのマクロ航海者に対する厳しい批判的風潮がこれだけ大きなものだったということに驚きを感じると同時に大変喜ばしく思えました☆ミ

でも皇帝Rに限らず不正マクロで冒険レベルを上げ大型クリッパーに乗っておきながら、後ろめたいのかプライベートにして、あとから冒険名声をカンストさせてからプライベートを解除、さもマクロは使ってないように振舞ってる奴は何人もいますw

そんな彼らがどんなに自慢したところで“それ”を知ってる方達はまったくスゴイともなんとも思ってませんw

大航海規約に違反してマクロ、RMTを使う航海者たちへの批判的風潮は今後もEurosに限らず他のサーバーでも維持されるべきだと思います。
ただ、あまり熱を上げて個人攻撃などは“しすぎる”べきじゃないとも思います。

ただ、相手にしなければいいんです・・・

マクロ、RMTを使って“低次元”な優越感に浸ってる可哀そうな人なんですから・・・

そんな人たちを相手にして自分のレベルを落とさないよう完全無視しましょうね☆

・・・でもGMへの通報は奨励しますが。^^

ちなみにここに書いたのはあくまで個人的な意見です。

皆さんは皆さん独自の考え&プレイスタイルで大航海をすべきだと思ってます。

ってことで・・・

つまらない記事を読んでくれてありがとでした♪
(^-^)/

※でも編集&書き込みに3時間ほどかけさせていただきました。^^;



そんなこんなで・・・

アルハンブラの交易修行は続く・・・

(^-^)/~



【初めての金交易】&【皇帝の演説】・・・☆
三国志に登場する群雄のひとり“袁術”の“皇帝”即位に始まる小帝国が早々と散ってしまったのが残念に思うセレムですw
(^ー^)ノこんちゃ!

それは袁術に好意があるわけでなく、群雄割拠による小国乱立状態が好きなだけです♪
・・・なのであまり関係ないけど地方分権・道州制導入には賛成です!(^-^)/


さて今回は三国志の話ではなく、もちろん大航海のお話ですにょw


ただ今回はお盆休みスペシャル?ということで第1部と第2部にわけてますので【皇帝の演説】の方だけ読みたい方は↓の方にある第2部からどうぞ♪
(^ー^)ノ



   第1部   【初めての金交易】



冒険家を引退して武器商人へ転職したアルハンブラですが、しばらくはセビリアやバルセロナでマスケット銃を買い集めて北アフリカ沿岸諸都市やアフリカ西岸方面へと売りさばきに行ってました。

その間、香料商人・劉唯媛(ルゥ=イアン)は東南アジアとヨーロッパを香辛料交易で往復しては、それらをアルハンブラに“横流し”してアルハンブラに“交易の御勉強”をさせていたのです・・・

そんななか、アルハンブラは考えました・・・

せっかくイスパニア所属なんだし、儲かると言われてる“金交易”でもしてみるかな・・・

でも大航海を始めて以来、宝石や香辛料交易はしてきたけど金交易なんてしたことがない!
そもそも香辛料で莫大な利益を稼げるからそれでイイじゃん!と思ってたから、金交易の利益を軽視していたんですw

でも東南アジア往復は非常に時間がかかるうえリスクも高い・・・
金ならカリブや南米で買えるからそれほど遠くない、しかもいま現在カリブは安全海域だし・・・

ということでアルハンブラは会計士に転職するとマスケット銃やシェリー、ガラス細工などを積んでカリブ海へ向かったのでした♪

しかし・・・

カリブ海のどの街でも火器買取相場が暴落していたのです・・・( ̄□ ̄;)!!

でもハバナがマスケット銃を5000以上で買い取ってくれることがわかり強引に投下しちゃいました!
(暴落させてません。^^)

さていよいよ次は金を買い付ける番です!

メキシコ湾の街・ヴェラクルスに投資して金を売ってもらえるようになったアルハンブラは、少し恥ずかしかったけど金細工の甲冑を着て金を買いました・・・


↓待ったかいがあって金相場はイイ感じです。^^
20090810a


金は500ほど積み込むことができました。^^

そして・・・


↓劉唯媛から借りた商用大型スクーナーでヴェラクルスを出航です~♪
20090810b


さて、金だけど・・・どこで売ればいいのかな(・_・")?

商会の先輩たちの情報でジブラルタル海峡以東がイイということを知り、さらにジェノヴァの金買取相場が100%を超えてるという情報が入ったので速攻でヨーロッパに向かいました・・・が!

大西洋にはオスマントルコ所属で大型クリッパーを操る私掠の気配が・・・( ゚o゚)ナンテコト!

仕方なく大回りをしてリスボンに寄港~。

リスボンの酒場の親父さんにテキーラを届け、マルセイユのダ・ヴィンチ氏にローズマリーを届け、やっとジェノヴァに到着~!

しかしすでに金買取相場は100%を下回っていました。。。^^;

その南の港街・カルヴィも金相場が悪い・・・のでピサへ~

ピサでも100%下回っていたけど頑張って“ふっかけ”たら・・・


↓1万を超えた!ベストじゃないけどここで売りだーっ!(^ー^)ノ
20090810c


こうして無事に初めての金交易を終えることができたけど・・・

これ、なかなかイイかも!^^

でも金売値相場と買取相場が良いところを探さないといけないのがネックだけどそれは交易上必要なことだから仕方ないかw
ちなみに東南アジアで香辛料を買うときは相場に関係なくすぐに買っちゃってます。^^

こうしてアルハンブラはリスボンへの帰途についたのでした・・・



第1部 終了








   第2部   【皇帝の演説】



アルハンブラたちが活動する世界・・・Eurosにはヴェネツィアに“皇帝”を名乗る人物(キャラ)がいますw

Eurosで長年活動している航海者たちにはわりと知られた存在なんですが、そんな彼がリスボンで演説をしているという情報が入りました!

アルハンブラはさっそくリスボンにいる“情報部員”に演説の様子を探らせたのでした・・・


↓リスボン広場に集まる人だかり・・・自称皇帝がシャウトで演説をしているw
20090810d


その自称皇帝“R”は何やら自分のことをシャウトでアピールしてましたw

そんな皇帝Rに賛同する人もいれば、野次を飛ばす人たちも(野次が多い。^^)!

しかも皇帝R、自分のことを“余”とおっしゃってましたw

なりきってますねww

そんなとき、気持よく弁舌を振ってる皇帝Rのところへひとりの航海者が駆け込んできた!

その当時のログを一部修正入りで紹介・・・


皇帝R : ヴェネを中心とする平和な地中海世界を再興することです

航海者A : 今日、国から追放されたよね、皇帝さん・・・

航海者B : 地中海ってほっといても平和だよー

皇帝R : そのためには、ふざけた枢軸の海賊は根絶やし!

航海者C : 加工木材レシピ80mで買う人いますか?てるください

皇帝R : え??

航海者D : え じゃねーよww

皇帝R : “航海者A”さん くわしく!

航海者E : 能登いけばいいのに国粋プレイ盛りだくさんだょ・・・

航海者F : カナリアの平和を維持してきて

航海者G : 黒い鉱石@5kにて大量に買います。売ってくださる方tellよろ^^〆

皇帝R : ちょっとまった!

航海者E : 昨日も議長ネトラジあってたし・・・・|彡サッ

航海者A : 今日の議会で、残念ながら、追放決議が・・・^^;

航海者H : おめでとうございます!

航海者I : おめ^ー^

皇帝R : え???

航海者D : おめ~~~^^

航海者A : 皇帝さん、知らなかったのか><

航海者J : ほんにんがいないのに決議とか…

航海者K : ヴェネを追放された“皇帝R”がこの先生きのこるには

航海者L : 陶片追放おめでと~

皇帝R : まてーい! 余はヴェネ皇帝なるぞ

航海者M : おめでとう~

皇帝R : その余が外征中に

航海者N : 今ベネに帰ったら議会派につかまって絞首刑ですね!

航海者G : 黒い鉱石売ってくださった方、つまらない演説の中ご協力ありがとうございました~^^

航海者O : それ持ちネタ?

航海者P : 袁術と似た様な運命に…

航海者Q : カテ3・4売ってますー

航海者E : 独裁政権はいかんのです、やはり共和制が一番

皇帝R : 国内でクーデターが起きた!

航海者A : 議会さぼっちゃだめじゃないですか、皇帝さん^^;

皇帝R : 余はすぐヴェネに帰るぞ

航海者A : w

航海者D : 早くカエレ^-^

航海者H : 何が余だよw

皇帝R : こんな西の外れの寂れた町で演説している暇ない


と、こんな感じで皇帝の演説が意外な展開に!ヾ(@゚▽゚@)ノ

で、すぐにヴェネに帰るのかと思ったら・・・

突然、リスボン教会前の広場へと走り出す皇帝R・・・!

そこへヴェネツィアの議員が皇帝Rのもとへ到着!

そこでヴェネ議員は皇帝Rに議会による“皇帝追放決議”を報告したのでしたw



↓皇帝Rの名前は消しています。^^
20090810e


その後、皇帝Rは報告してくれたヴェネ議員に謝礼を払おうとするが議員は拒否!

皇帝Rはその議員の忠節ぶりを高く評価すると・・・

またしても議員に『下にはつかん!』と拒否される始末w

その後、皇帝Rは数々の疑惑について弁明を始めるが・・・

だんだん話がそれていき・・・



↓また元の演説に・・・“築くのではなく気づく”そうですw
20090810f


この頃になるとだんだん野次も激しくなってきましたw

でもそんな皇帝Rを擁護する勢力がいたのも事実ですw



↓それでも皇帝を自称するR・・・そして周囲に群がる聴衆たちw
20090810g


皇帝Rの演説を聞いていたら何だか疲れてきちゃいました・・・

言ってる事が支離滅裂なのです><

誇大妄想が激しいんじゃないか?とも思いましたw

ちなみに前メインキャラ・セレム=リーシェスもこのRに襲われたことがあります・・・がその上手じゃないプレイのおかげで逃げることができました♪


でも、こういうキャラ、個人的には嫌いじゃないですw

こういう個性的なキャラは見ていて楽しいし、確かに敵は多いみたいだけど、ネタ的には存在価値がありますw

ただ・・・奴の言ってる事に説得力を感じる人たちは少ないと思うし、直接的に議論の相手にする価値もないと思いました。^^

だって・・・ゲーム世界での決まりに文句あるんなら大航海を辞めればいいじゃんって思ったからね!

だけどそんな皇帝Rはどこか憎めない、面白い奴だな・・・と思うに至ったのでした★


ヴェネツィア議会から追放された皇帝R・・・彼は果たしてどうなるんでしょうか?

ま、テキトーにやっててくださいw



ってことで終わり。



今回は長々と書いちゃいましたw
書き手も2時間半“いちおう考えながら”文字を打ち続けていたので疲れちゃいましたw

でも今回の皇帝Rの演説は非常に笑えたのでこれをブログ記事にしない手はないと思い再度楽しみながら書いてみたのです。^^


そんなわけでアルハンブラと劉唯媛の旅はまだまだ続きます・・・


(^-^)/~



世界が止まった日
ウィザードリィの世界では“ビン詰めの船”というアイテムを取るとダンジョン内のお堀を移動できるんだけど、いまだに何でそんなことができるのかわからないセレムですw
(^ー^)ノこんちゃ!

ビンの中にある船に乗れるのかな?
やっぱりファンタジーの世界なら可能というかそんなこと真剣に考えてる僕は頭が弱いようですね!
^^


さて今回も“稚拙な対話形式的物語調”で大航海物語を進めたいと思います♪
(ちなみに実際のプレイを基に描いております)


クリッパーを乗りこなせるようになった盗賊・アルハンブラは、まるで買ったばかりのターボ搭載スポーツカーを乗り回すように楽しみながら地中海を冒険して回りました・・・

そしてロンドンで請けた冒険クエ『知的美女』を最後にアルハンブラは冒険家を引退したのでした・・・

一方、東南アジアから香辛料を積んでヨーロッパに戻ってきた劉唯媛(ルゥ=イアン)は副官のヘッケルを連れてリスボンの街を急ぎ足で歩いていた。

劉唯媛 : 『ヘッケル、急いで共有倉庫に香辛料を全部保管して!』

ヘッケル : 『はいな。でもこれ全部アルハンブラさんに渡してしまうので?』

劉唯媛 : 『そうよ。冒険家を引退して今は武器商人として交易修行中だからね』

ヘッケル : 『ではしばらくはアルハンブラさんのために東南アジアを往復ですね?』

劉唯媛 : 『そうね。今のあの子では東南アジア交易はリスクが高いから仕方ないのよ』

ヘッケル : 『船長、香辛料すべてを共有倉庫に保管完了しましたよ』

劉唯媛 : 『じゃあすぐにセビリアへべっこうを納品しに向かうわよ!』

ヘッケル : 『あ、船長!副官料理が安く売られてますよ♪』

劉唯媛 : 『次のケープ行きの定期船まで時間がないの!急いで!』

ヘッケル : 『さっき帰ってきたばかりなのにまた東南アジアかぁ(x_x;)』

劉唯媛 : 『いま、サメのエサになりたいって言った?』

ヘッケル ; 『いえいえ、さぁ急ぎましょうw(;^_^A アセアセ・・・』


こうして劉唯媛たちは出航所へと急ぐ・・・しかし!


劉唯媛 : 『あれ?おかしいわ!出航所へ行けない!』

ヘッケル : 『もう一度、出航所役人のところでクリックを・・・!』

劉唯媛 : 『だめだわ、出航所へジャンプできない、どうして?』

ヘッケル : 『船長、人物情報も見れなくなってます!』

劉唯媛 : 『何か変だわ!試しに商人ギルドへ入ってみましょう!』

ヘッケル : 『せ、船長!どうしました!?』

劉唯媛 : 『ギルドにも入れないし、あぁ!カラダが動かないわっ!!』

ヘッケル : 『わー!突然、真っ暗闇に~!!』

劉唯媛 : 『サーバーから切断されたようねw』

ヘッケル : 『もう一度、INしてみましょう!』

劉唯媛 : 『だめ、できない!ログイン中のメッセージで止まったままだわw』

ヘッケル : 『せ、船長!大変です!我々のEuros世界がぁ!!

止まってしまってますよぉ (ToT)
2009080607
 

劉唯媛 : 『あぁ、なんてことなの!結局、定期船に乗れなかったじゃないの!』

ヘッケル : 『でも良かった・・・強行スケジュールが中止になってくれて(^。^;)ホッ』

劉唯媛 : 『予定が狂ったじゃないの!ヘッケル、なに安心してるのよ!』


劉唯媛はヘッケルの左腕と背中をつかむと、プロレスのリングのロープに向けて押し出すようにヘッケルを勢いよく海に放った!


ヘッケル : 『わー!』


こうして副官のヘッケルは海面に顔面から突っ込むとそのまま東南アジアはアンボイナまで流されていったのでした・・・♪



さてこんな感じで突然サーバーが停止してしまい予定が狂っちゃいましたw
異変が起きた時はもしかしてPCがおかしくなったのかな?と不安になったけど、まもなく緊急メンテ情報が入ってとりあえず安心・・・
でもなんでEurosだけ?
航海者人口が多いからかなぁ・・・

でも以前からそうだけど、大航海時代onlineはアップデートやメンテ後の緊急メンテが少なくないw
そのあたりをもっとしっかりしてほしいなぁ・・・と思いました。


・・・さてそんなわけでアルハンブラは冒険家を引退、学問系スキルの大半を消去して武器商人に転職しました!

しばらくは劉唯媛が東南アジアから運んでくる香辛料で“交易の勉強”を続けていくことになります・・・

でもたまにはマスケット銃を大量に積み込んでどこかで売りさばいたりもするけどね!


武器商人・アルハンブラ、香料商人・劉唯媛の物語はつづく・・・

(^-^)/~



クリッパーを引き継ぐ者・・・☆ミ
皆さんの潜在意識の中から、こんちゃ!
(^ー^)ノ



さて今回の大航海のお話は“稚拙な軽い物語調”でいきたいと思います・・・




暗闇の奥から淡いランプの光が灯るドアに近づく者があった・・・

トントン(ドアのノック音)

男 : 『ノックは無用~w』

監督 : 『カーット!何がノックは無用、だ!出だしからNG出すんじゃないよ!』

男 : 『あ、すみませんwちょっとふざけてみたくて・・・』

監督 : 『ノックは無用・・て横山ノックか!さむ~w』

男 : 『小さい頃にそんな番組やってたような・・・』

監督 : 『そんなのどうでもいいよ!じゃあ、Take2、いくよ~!』


暗闇の奥から淡いランプの光が灯るドアに近づく者があった・・・

トントン(ドアの音)

男 : 『誰だ?』

ユークリッド : 『ユークリッドです』

男 : 『入れ』

ユークリッド : 『ヨーロッパからの報告文が届きました』

ユークリッドは男に報告文を渡した。受け取った男は報告文を読む・・・

男 : 『アルハンブラ・・・ついにその域まで達したか!』

ユークリッド : 『思ったより早いペースですね・・・』

男 : 『ナポリのココ↓で地図まわしでもしたんだろう・・・』
20090805a


ユークリッド : 『ではさっそく例のものを・・・』

男 : 『よし、スペリオルに命じて回航させておいてくれ』

ユークリッド : 『了解!』



舞台は東南アジア・某港街に変わる・・・

劉唯媛 : 『香辛料は全部で600・・・積み込み完了ね』

副官類 : 『いや、あの類じゃなくてルイなんですが・・・』

脚本家 : 『申し訳っ!修正しとくぅ!_ロ(.. )mケシケシ』

副官ルイ : 『船長、緊急の報告があります!』

劉唯媛 : 『なにごと?』

副官ルイ : 『ここから南西の港町に無人の大型帆船が漂着したとのことです』

劉唯媛 : 『別に珍しいことじゃないわ、ただの難破船じゃなくて?』

副官ルイ : 『それが・・・その帆船はクリッパーらしいのです!』

劉唯媛 : 『・・・!それは間違いないの?』

副官ルイ : 『はい、しかも船名はインペリアル=イーグルだということです』

劉唯媛 : 『!!、ルイ!すぐにその港町に向けて出港よ!』

副官類 : 『了解!ってかまた類になってるよ・・・(-_-メ;)』


やがて劉唯媛たちはその港町にやってきた・・・


劉唯媛 : 『驚いたわ・・・これはまさしく兄・セレムのクリッパーだわ!』

副官ルイ : 『無人のようですからさっそく船長室に行ってみましょう!』

やがて劉唯媛たちはインペリアル=イーグル号の船長室へ・・・

そこは無人で漂流していたとは思えないほど整然と装飾品や家具が並び、机の上にはほこりさえかぶっていない美しい羽根ペンと1枚の羊皮紙が置かれていた。
劉唯媛は羊皮紙を手に取ると読み始めた・・・

羊皮紙の内容 : “少し愛する妹よ、突然の失踪を許してほしい”

劉唯媛 : 『少し愛するって、家族なのに少しなんかいっ!』

羊皮紙の内容 : “いや、少しじゃなくて愛する妹よ・・・”

劉唯媛 : 『言い換えてんじゃねーよ!』

羊皮紙の内容 : “私は今、わけあって極東海域のある島で潜伏している”

劉唯媛 : 『・・・でも生きていて安心したわ。。。』

羊皮紙の内容 : “ある時期が来たらまたヨーロッパへ戻るつもりだ”

劉唯媛 : 『そう、よかった・・・☆』

羊皮紙の内容 : “そこでお願いがある。このクリッパーを例の者に渡してほしい”

劉唯媛 : 『例の者?アルハンブラのことね!』

羊皮紙の内容 : “そうだ。さすが我が妹、察しがいいな”

劉唯媛 : 『なんで手紙なのに私が言うことに反応するのよ!?』

副官類 : 『そこはフィクションなんで・・・ってまた懲りずに類になってるよっ!』

羊皮紙の内容 : “アルハンブラならクリッパーを操ることができる”

劉唯媛 : 『あの子、もうそこまで成長したのね・・・』

羊皮紙の内容 : “我が妹よ・・・クリッパーを無事に届けてくれ”

劉唯媛 : 『分ったわ、必ずアルハンブラに届けるわ!』

羊皮紙の内容 : “今まで心配をかけてすまなかった、我が妹よ”

劉唯媛 : 『・・・・・・』

羊皮紙の内容 : “愛するたったひとりの妹へ・・・セレム=リーシェス”

劉唯媛 : 『兄さん、どっかの画像に加工されてないで早く帰ってきてねw』


こうして劉唯媛は無事にヨーロッパにいるアルハンブラにクリッパーを届けることができたのでした・・・

セレム=リーシェスのクリッパーを引き継いだアルハンブラはさっそく艤装を整えて紋章・双頭の鷲を掲げた。

そして再びその主を乗せたクリッパーは大海原を疾走していくのでした・・・


↓青空のもとイスパニア国旗と双頭の鷲を掲げてアルハンブラは新たな旅へ~☆ミ
20090805b


そして・・・


↓アルハンブラの冒険の終わりを告げるように爵位授与の知らせが!♪
20090805c



・・・ということでやっとアルハンブラをクリッパーに乗せることができました!
ナポリでの地図まわしのおかげだけど・・・もう2度とやりたくない!
あれで冒険カンストさせた人もいるらしいけど、ホントよくやるよっ!って感じですw

でも実はアルハンブラの冒険レベルをここまで上げる気はなかったんです・・・
けれどアルハンブラの乗ったアラガレやスループが次々とスクーナーやら商用大型クリッパーに抜かれていくのを見てると・・・・悔しいですっ!!<`ヘ´>
ってことでアルハンブラをクリッパーに乗せるために、ここ最近はホント、久しぶりに大航海に熱中して頑張ってましたw
なのでこれからはまた活動をやや縮小してまったりと大航海していこうと思っています♪


長々とした文章だったけど、読んでくれた方々、貴重な時間をありがとでした!^^


つづく(^-^)/~



リスボン移転成功でショップ商会始動です。^^
東京へ戻りたいと企んでるセレムですw
(^ー^)ノこんちゃ!

、というわけで大航海の話ですが、今日やっと“大航海世界”での念願がひとつ叶いました!
\(^-^)/ワショーイ♪

以前、劉唯媛(ルゥ=イアン)がマルセイユで起ち上げた“偽装商会”である Silhouette (シルエット)ですが、今日やっとポルトガル王国の首都・リスボンに移転させることができたのです!

リスボンと言えば地中海と大西洋をつなぐ航海・交通上の要衝であり、多くの航海者が立ち寄り、しかもバザーなどでとても賑わっている、大航海世界では最大の都市です♪

そして商会数も、ほぼ常時、最大数である200商会がリスボンに存在します。

以前、セレム=リーシェスが設立した商会のひとつ“ミーア☆キャット”もリスボンで細々と存在していました。
しかしセレム=リーシェスの引退にともない商会は解散・・・リアル数カ月を経てリスボンに商会を設立しようと思っても商会枠がなくて無理だったのですw
それでやむなく劉唯媛はマルセイユに商会を設立しました。。。

しかし劉唯媛は機会を狙っていたのです・・・

確かにリスボン商会枠は常に最大で入る余地がないけれど、よくよく調べてみると商会ショップ機能が常にない商会がある!
ということは製品版アカウントが5つそろっていない商会ということだからこれはメンテナンス時に消える可能性があるということ・・・
でもそんな消える可能性がある商会はおそらく1つか2つ。

そこで劉唯媛はあえてポルトガルの航海者・・・真・倉庫キャラに商会代表の座を譲り、大金を持たせてリスボンの商会管理局前に潜ませておいたのです。

そしてメンテナンスが終わったら速攻でINして商会移転してしまおうという意図だったのですが・・・

1回目は失敗・・・商会枠が空かなかったw

2回目も失敗・・・商会枠が1だけ空いたけど先を越されて商会設立されてしまったw

3回目の今日・・・速攻でINしてすぐに商会移転ボタンをクリック!

そしたら・・・移転成功!!

商会枠が1だけ空いた所をすぐにマルセイユから移転させて、リスボンの商会枠は再びいっぱいに!

こうして商会代表の座を再びフランス所属の劉唯媛に戻したのでした♪

しかしまだこれでは製品版アカウントが3つしか入会させてないので次のメンテナンスで自動解散させられてしまいますw

だから・・・体験版アカウントとネットカフェ用のアカウントの2つを製品版に昇格させてキャラを作成、入会させてしまいましたぁ!
^^

これで商会は製品版5つが入会したことになり、晴れて“偽装商会”から“ショップ商会”へと昇格・本格始動させることができたのです!
しかも5つとも全部“セレム”直属の製品版アカウントなので、定期的に商会メンバーを動かせば自動解散することもありません♪

こうして再びリスボンに商会を設立させることができ、しかもアイテムを出展させることができて、かつ、商会メンバーの脱会による自動解散を心配するおそれもない!

リアルの生活からしたら大したことじゃないけど、大航海プレイヤーとしてはやっと念願が叶ったわけなのです・・・☆ミ

あぁ、あきらめなくてよかったなぁ・・・(・_・、)


↓マルセイユからリスボンへ移転・・・これで大航海的野望がひとつ達成できたぁ!^^
20090804
(拡大可)


でも“もうひとりの自分”がこうささやきます・・・

『そこまでするかぁ?』

しますw とても、しますw


商会のリスボン移転・・・なんだか地方都市から首都へ移転させることができたような喜びです♪

あとはリアルの自分が首都・東京に戻らなきゃな・・・
(でも問題が山積みで容易じゃない;;)

ちなみにショップ専用商会・Silhouetteでは商人転職用のワインを大量に置いておくように努めてるので(ワインもいちおう商会ショップ相場だけど不当に高かったら言ってくださいw)、もし手っ取り早くワインを200集める必要があるときはのぞいてみてくださいな。
(^-^)

あと今後、納品クエで必要な交易品を少しずつそろえていきたいと思ってます♪
(なるべく低価格で。^^)



さて次回は・・・アルハンブラの物語が新たな展開を迎えます!

ってことで

つづく(^-^)/~



今回の冒険航海について・・・・・
とても・・・セレムです。
(^ー^)ノこんちゃ!

今回の大航海の話は冒険街道爆走中のアルハンブラについてです♪

前回、操船士・アルハンブラは大量の地図をもって冒険しながら世界をひとまわりしてきました!

そして今回も、ヨーロッパ各地で再び大量の地図を集めたアルハンブラは再びスループで世界周航の旅に出たのです・・・

ヨーロッパからアフリカ、喜望峰をまわって東アフリカから紅海、ペルシャ湾を巡りインドへ到達~

東インドからベンガル湾を経て東南アジア海域に至ると、いっきにオーストラリアへ~!

そして太平洋を横断していくのですが、太平洋横断中、サメに襲われ船員が次々と犠牲に!
そのせいでスループの必要船員数を下回ってしまったのです!><

やむなく太平洋の孤島・ヒバオアに寄港・・・船員を補充した後は回航でアカプルコ、グァテマラ、パナマと移動してリマへ~!

リマからは南米南端のマゼラン海峡をまわって南米東岸を北上してカリブ海へ・・・

そしてサントドミンゴ郊外で“アイテム掘り”したあと定期船でセビリアへと戻ってきたのでした~。

もちろんただグルグルと航海してたわけではなく、地理、動物、古代遺物や財宝・・・など様々なものを調査・発見しながらの旅です♪
でも思ってたよりはそれほど発見物数は増加しませんでした・・・

だから今回の旅で発見物数増加を狙った世界周航は終わりにしよう・・・と決めたのです!

なぜならアルハンブラにとって冒険はプロセスにすぎないから例え、生物学や地理学がランクアップしても嬉しくないんですw
目標の冒険レベルに達したら冒険系のスキル大半をランクに関係なく消すつもりなので♪

そしてその目標レベルまであと少しなのです!

だから今回、学問系では地理学のみが優遇スキルである操船士で各分野の冒険クエをしていたのです。
それに操船士なら操舵が優遇だからそれを少しでも上げる必要があったし・・・
あとあえてスループで動いていたのは航海技術を鍛えるのもあるけど、それ以上に海賊(PK)対策だったのです。

小型船であるスループなら海賊に遭遇しても“小型船用高級上納品”を差し出しておけば難を逃れられる。
しかも危険海域では5万以上のお金を持たないようにしてるので上納品で所持金半額失うとしても微々たるものでしかない。
小型船高級上納品も安いし、すぐ作れるしね♪

そんなわけで遠洋航海可能なスループで世界の海をまわっていたんだけど・・・サメだけには気をつけないといけないw
小型船だと船員が次々にサメにやられちゃうから・・・^^;

ちなみにクリッパーに乗れるセレム=リーシェスでも危険海域ではスループを使ってましたw


・・・ということでヨーロッパに戻ったアルハンブラはスループからアラビアン・ガレーに乗り換えました!

そして目標の冒険レベル到達まで、辛ーい修行をすることになるのです・・・
(てか過去記事ですでに出てる“コト”をするだけですがw)


ってことで、

まぁ、まったりやりますか。^^



↓南米南東岸上陸地点で停泊するスループ・・・あの岸辺あたりがなんかイイのです♪
20090803



つづく(^-^)/~


Copyright © 堕天使のハープ~FC2~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。