Novel Creator として創作活動しています。小説『ネット恋愛』・・・3の倍数日に連載中☆ミ・・・☆

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3キャラの役割
こんちゃ!セレムです☆彡

(^ー^)ノ


東南アジア・ジャカルタで何度も定期船に乗り遅れていた考古学者・セレム=リーシェスは久しぶりにインド亜大陸の地へ~!

一方、リスボン発ケープ行きの定期船に乗ったものの何度もケープで降りそこなっていた劉唯媛(ルゥ=イアン)は、ある事情でリスボンに戻ってきちゃいましたw

まったく兄妹で何やってんだかw


アルハンブラに関してはあいかわらずペルシャ湾でコソコソやってますw


さて劉唯媛が東南アジア行きを延期してリスボンに戻って来たのは、新しい航海者を養成するためだったのです!

新しい航海者、第3の航海者・・・すなわちスロットキャラです。


本当は2アカウントでプレイしてる関係上、キャラスロ追加するつもりはなかったんですが、今回“再び”利用開始したんです!

その理由とは・・・

倉庫キャラとしての役割だけでなく

アイテム供給の役割を担わせるためなんです!

もちろんこれは共有倉庫のサービスを利用してる事が前提なんですが。


例えば、いま、アルハンブラがペルシャ湾で漂白・造船・海事修行しています。

当然、大砲など軍需物資が消耗していきます・・・

そんなときに裏キャラであるルゥ=イアンが本拠地の街にいれば共有倉庫サービスを利用していっきに軍需物資をアルハンブラに提供できるけれども、ルゥ=イアンも交易で活動してるので常にヨーロッパにいるとは限りません。

それでリスボンに常駐させるキャラを作ってしまおうという、ありふれた考えに行きついたわけですw


まぁ、誰でもやってることなんだけどね。^^;


そんなわけで“補給キャラ”に資金援助して爵位がもらえるまで育成した劉唯媛は再び定期船に乗って東南アジアへと向かったのでした・・・



ちなみにもう1つのアカウントに存在するセレム=リーシェスにはすでに裏キャラの倉庫&補給キャラがいます♪


共有倉庫・・・非現実的なシステムではあるけれど、とても便利ですw


つづく(^-^)/~


    
スポンサーサイト

値上げしました!(^-^)/
こんちゃ!セレムです☆彡


日本の海が危険海域になるに伴い鬼のように“逃げ”だした兄妹・・・セレム=リーシェスと劉唯媛(ルゥ=イアン)。

兄・セレムは東南アジア・ジャカルタへと向かい、妹・劉唯媛はアンボイナで久しぶりに大量の香辛料を積み込みました♪


↓ 定番であるナツメグとメースの他にも和物が載ってます。^^
2010022101


今回初めて、長崎で羽毛在庫が十分なのに強引に西陣織と交換してみたのです♪

ちなみにブタと小豆(数量2)はセレムが日本で調達したものですw


その後、劉唯媛は太平洋の3つの街を発見・上陸しながら針路を東へ~

そしてマゼラン海峡をぬけて大西洋へ~~

アセンション島へ寄港したあと無事にヨーロッパに帰還~♪

香辛料もすぐに売りさばくことができたのでした☆ミ


さてリスボンの商会管理局へ出向いた劉唯媛はショップの売上金を受け取ったんですが・・・

値上げさせた“名医の秘薬”が売れていました♪

実は今まで名医の秘薬を1つあたり、18000ドゥカースで出展していたんですが

今回、その2倍の36000ドゥカースで販売してみたんです!

2倍も値上げなんてひどい!なんて思わないでください。^^

Goodolで調べてみればわかりますが、名医の秘薬は他では20万ドゥカース以上で大量販売されてるんですw

そんななか18000という破格の安さで販売してたんですが、やっぱりすぐに売り切れてしまい補充が追いつけなくなったんですww

そんなわけで今回、2倍の36000まで値上げしたんですが、それでも20万と比べたら激安です♪


↓ 値上げしても名医の秘薬はまだ売れそうです♪(*^.^*)
2010022102
(拡大できます)


ただ今後の売れ行きと、売値相場によってはさらに値上げするかもしれませんw

でも20万まで値上げするつもりはないし(そもそも20万の根拠がわかりませんw)、転売目的で大量に買われないよう、逆に純粋に必要としている航海者たちのために今後も大量に作り続けます♪



そんなわけである程度、名医の秘薬のストックもできたので、久しぶりに香料商人に転職した劉唯媛は再び東南アジアに向かうことにしたのでした~



商会 Silhouette 名医の秘薬 36000 D 

毎回個数限定で販売中~☆
(売値変動あり)


つづく(^-^)/~




日本の海にて。
こんちゃ!セレムです☆彡

(^ー^)ノ


考古学者・セレム=リーシェスがアレクサンドリアで請けた調査依頼で日本へ向かっている頃、異母妹である劉唯媛(ルゥ=イアン)はフィリピン・マニラで勅命を達成していました♪

一方、サーヴァントであるアルハンブラはというと、ペルシャ湾で漂白、造船、海事修行・・・とトリプルアクセルを狙ってコソコソ動き始めていましたw


劉唯媛はジャカルタから定期船でインドへ赴くとコショウとセンナを購入してヨーロッパに帰還~。

その後、マルセイユで東アジア入港許可証を得ると再び定期船で東南アジアへと向かったのです。

ジャカルタに到着後、すぐにアヒルを大量に購入して羽毛をむしりむしり・・・

そしてセレムが待つ長崎へと急ぎます~!


こうして日本・長崎へと初上陸した劉唯媛は大量の羽毛を進物して日本との貿易許可を得ることができたのです♪

その後、商会レベルでの日本貿易ルートを開こうと思ったんですが羽毛が足りなくて断念・・・

仕方なく?残った羽毛を兄・セレムに譲ります。。。


↓ とりあえずって感じでセレムも日本貿易ルート開拓しておきましたw
2010021901
(拡大できてしまう)



こうしてやっと日本との貿易を始めることができた兄妹は長崎を離れ江戸へと向かいました。


セレムは日本の沖合をクリッパーで飛ばしていると誤って商船襲撃隊に突入!!!

当然、襲われちゃいましたw


しかも・・・


↓ こんな至近距離で戦闘開始ってw白兵戦になったら終了じゃないかぁ!!
2010021902
(拡大できます)


危機一髪のセレム、上納品を商船襲撃隊に叩きつけて間一髪逃げ切ったのでした~

(^-^;


江戸で劉唯媛と別れたセレムはひとり、日本海へと向かいます・・・


↓ 沈没船を引き上げるためです♪
2010021903


やがて発見した沈没船を引き上げ開始です!


↓ 満月とイルカも見守っていてくれてます♪
2010021904



しかし!!


セレム、日本海から逃げ出しちゃったのでしたぁ!!!

(((((((;^^)


なぜなら・・・

沈没船引き上げに2度も失敗したからですww


1度目は資材をたくさん持ってこなかったためにサルベージで船体が傷みまくって沈没しかけたからw

2度目はサルベージロープが長時間の酷使に耐えられなくなって切れまくり船員たちの半数が日本海へと振り落とされていったからww


どうやら、サルベージを熱心にやってこなかったツケがまわってきたようですw

3度目のチャレンジも考えたものの・・・

実は日本周辺の海が安全海域から危険海域に戻りつつあったのであえて“逃げた”のでありますw

もちろん劉唯媛も日本から“逃げて”いきましたww


君子危うきに近寄らず?

いぇ

大型船用高級上納品を使うのがもったいないから

です!(^-^)


こうして日本の海は危険海域となったのだっ!


つづく(^-^)/~



東へ、東へ、東へ~!
こんちゃ!セレムです☆彡

(^ー^)ノ


さて今回の大航海物語(物語ってほどじゃないけどねw)ですが・・・

考古学者・セレム=リーシェス

船大工・アルハンブラ

薬品商・劉唯媛



3人は、それぞれの目的をもってヨーロッパから離れました。


セレムはジパングへ~!

アルハンブラはペルシャ湾へ~!

劉唯媛は東南アジアへ~!


3人ともそれぞれ東へ旅立ったことになります♪

何をしに行ったのかはまた次回ということで。^^


んではまた~(^-^)/~



お知らせ(^-^)/
こんちゃ!セレムです☆彡

(^ー^)ノ


本日より、新しくブログをスタートさせました☆彡


↓ これがそのブログ


せれむ☆くえすと


取り急ぎ報告まで~☆


つづく(^-^)/~



・・・・・・。
こんちゃ!セレムです☆彡


前回の記事のその後の簡単なお話を・・・

考古学者・セレム=リーシェスとそのサーヴァント(従者)であるアルハンブラがイオニア海を航行中、フランスの某・海賊に突然襲撃されてしまったんですが・・・


賞金首が提督じゃなくても襲われるのかぁ!!!


そんなことなら悪名のついたアルハンブラを連れて回るんじゃなかったよぉ! (・_・、)グスン


そんなわけで・・・


↓ 巻き添えを食らってなぜか対人戦禁止マークつけられた絶対にPKしない人w 
2010021200



おかげで黒海の寂しい港町でコソコソと対人戦禁止マークが消えるのをリアル1時間も待たなきゃいけなかった・・・
;;


それにしてもアルハンブラのアピコメには亡命で着色したことを伝えてあるのに襲ってくる奴っているんだなw

まぁ、ルールだから仕方ないけど


それにしても賞金首の世界ってのは、本当に甘くないね!!

でもそれは強くなることで否定することができる・・・という意味でもある。


結局、今回、バカを見たのは純粋に冒険を楽しんでいたセレム君なのでしたw

まぁ、ネタになったからいっか! ^^



つづく(^-^)/~



イオニア海の屈辱
こんちゃ!セレムです☆彡


今回の大航海物語はサクッと終わらせます♪

考古学者・セレム=リーシェスとそのサーヴァントであるアルハンブラはイオニア海で屈辱的な事件に遭遇しちゃいましたw

もしかしたら数%の確率でその現場を目撃してる航海者(当ブログ閲覧者)もいるかもですが・・・


そんなイオニア海での屈辱に“思い知らされた”アルハンブラは、セレムを再び事件に巻き込ませないためにひとりどこかへと去って行ったのでした。。。


何があったかは勘が良い人ならわかるよね!^^


こうして、セレム=リーシェス、劉唯媛、アルハンブラの3者3様それぞれの旅はつづく・・・


(^-^)/~




最新の戦術は賄賂が欠かせない!
こんちゃ!セレムです☆彡

(^ー^)ノ


カリブ海・サントドミンゴの酒場娘・ワイラに別れを告げた考古学者・セレム=リーシェスとそのサーヴァントであるアルハンブラは早くもカリブ海を離れ太平洋へと向かいました!

しばらくの間、リマ周辺を冒険してまわったあとマゼラン海峡を抜けて大西洋へ~!


↓ 冒険に付き添ってるアルハンブラだけど、これ以上、冒険レベル上げる気はないんですw
2010020701
(拡大できます)


リオデジャネイロに到着したセレムは、ふと考えました・・・

そだ!アルハンブラに造船修行させるか♪

ってことで、いったん冒険を切り上げてヨーロッパはリスボンに帰還です☆彡


リスボンに到着するとセレムはアルハンブラに命じます・・・

『あれ出してきて~』

アルハンブラは広場の海事依頼仲介人のもとへ走り去るとしばらくして戻って来た・・・


↓ 『依頼斡旋書30枚で出てきました~』と、このクエをセレムにも紹介しました♪
2010020702
(拡大できます)


こうしてセレムと共にヨーロッパ諸国の本拠地をめぐる旅に出たアルハンブラですが、それは出費のかさむものとなったのですw

なぜなら・・・


↓ 悪名のせいで各国本拠地で賄賂を支払わないと入港できないからw ^^;
2010020703
(拡大できます)


結局、アルハンブラは賄賂代、計250万ドゥカースを支払い、最後に訪れたヴェネツィアで“最新の戦術”を達成~☆


そして・・・

↓ 初めての船大工に転職を果たしたのでした♪ (^-^)/
2010020704
(拡大できます)


それでさっそくアルハンブラはヴェネツィアの造船所で造船を始めたんですが問題が発生~!

ヴェネツィア沖で一定期間、プカプカと浮いてから再びヴェネツィアに入港しようとしたら・・・

賄賂を求められ~~~w ( ゚o゚)ウカツダッタ!

仕方なくアルハンブラは、ヴェネツィアで酒場娘・エレオノーラを口説いているセレムを残してひとりアドリア海をくだっていったのでした・・・

アドリアの風に吹かれながら~~~♪♪



そんな感じでまだまだセレムとアルハンブラの主従コンビの旅は続きそうです☆彡


つづく(^-^)/~



サンジョルジュからサントドミンゴへ~☆
こんちゃ!セレムです☆彡

(^ー^)ノ



大西洋の孤島・アセンション島にこもっていた劉唯媛(ルゥ=イアン)がアフリカを去ってヨーロッパに帰還した頃、その異母兄・セレム=リーシェスと従者・アルハンブラの2人もついにアフリカを去りました・・・

セレムは以前から気になっていたカリブ方面の宗教遺物調査を請け負うことにしたからです。

幸い、現在のカリブ海の一部は安全海域になっているので2人は海賊に遭遇することなく宗教遺物調査を終えることができたのでした♪

ちなみにその宗教遺物調査で入手したものとは・・・


↓ ジャガー戦士の面・・・お揃いでかぶってもベタな笑いにもなりませんw
2010020501


でもこのジャガー戦士の面・・・リアルで玄関に飾っておくために欲しいかもw^^



その後、2人はアマゾン川で生物調査を行った後、南米の街・バイーアへ寄港~

そこでアルハンブラは“応用剣術”を習得したのでした。

リオデジャネイロでは貝殻の調査依頼を請けて再びカリブ海へ・・・

実はここでサンジョルジュに戻りたかったんですが、その貝殻の調査依頼をずっと放置していたので渋々やっておくことにしたのですw


やがて貝殻の調査を終えてカリブ海の街・サントドミンゴに到着。

サントドミンゴの酒場娘・ワイラのもとへ挨拶に行き・・・


↓ そのままお泊りしておきました♪ (^-^)/
2010020502
(拡大できます)


ワイラのもとでお泊りしてすっかり元気になったセレムはアルハンブラを連れて郊外の森に向かいました。

そしてとくに目的もなく掘り始める・・・

一方、アルハンブラは、その近辺でたむろするバッカニアたちを相手にサラディンの剣を振り回して遊びます♪


↓ 掘り続けるセレムの背後で戦うアルハンブラ・・・なぜかこういう状況って楽しいね♪
2010020503
(拡大できます)


実はセレムの向こう側(とんがり岩の反対側)でも女性の航海者が掘っていたんですが、敵(NPC)のひとりが少しずつそちらに近づいていきました・・・

襲撃を回避するためかその女性航海者は敵から少し距離をおくように移動したので、アルハンブラはその敵を排除しようと攻撃をしかけたんですが・・・

できなかったんですw ><

剣マークをクリックしても反応がないから、何度か別方向から接近してクリックしていたら攻撃ができました。。。

これって不具合なのかな?

それとも敵が、とんがり岩や木に近いから単に攻撃できなかったのか・・・

原因はわからないけど、とりあえず様子みてGMに報告するか判断したいと思います。^^



そんな感じでサンジョルジュからサントドミンゴに拠点を移したかのようなセレムとアルハンブラですが・・・

とりあえず今後は臨機応変に動いていくつもりです♪


つづく(^-^)/~



私掠を追いかけてみたよ。^^
こんちゃ!セレムです☆彡


アフリカ・ギニア湾でセレム=リーシェスと冒険していたサーヴァント、アルハンブラはいつの間にかサンジョルジュに取り残されてしまいましたw

ので、

ひとりぷらぷらと海に出てみた・・・

沖合で釣りをしているイングランドの釣り師と会話してるとネーデルランドの私掠(賞金首)を発見~!

ほぼ互角の強さっぽいので出撃してみました!

すると・・・ネーデル私掠、逃げた!

追いかけるアルハンブラのターキッシュガレー、相手はアラガレっぽい・・・

なかなか追いつけないw

戦闘用艤装してるからかなぁ・・・


↓ 相手は速いし、旋回も良い・・・どんどん引き離されるーっ ^^;
20100204
(拡大できます)


そんな感じでサンジョルジュの沖合で“鬼ごっこ”してると

アルハンブラのアピコメを見たネーデル私掠は・・・

ネーデル私掠 : 『亡命ウソ?』

と話しかけてきたのですぐに返事・・・


ごめんなさい、からかっただけです^^


と謝っておきました。^^

そうすると安心したようでアルハンブラの横を通り抜けてサンジョルジュの街へと入港していきました♪


襲うつもりはなかったけど、ちょとからかっちゃいました。^^;

びっくりさせてごめんねw ((^^))


それにしてもこの経験は将来のアルハンブラの密命実行時に対する課題となったなぁ。。。





つづく(^-^)/~




漂白中の従者は主人の庇護を求める・・・☆
こんちゃ!セレムです☆彡

(^ー^)ノ


オスマントルコ帝国に亡命を果たしたものの、賞金首として彷徨うことになってしまったセレム=リーシェスのサーヴァント(従者)であるアルハンブラ。。。

そしてついにバルト海でポルトガルの航海者によって“狩られて”しまったのですが、その後、アルハンブラは恐怖心に“駆られて”行方をくらませたのですw



そして・・・

大航海日数で約1ヶ月後・・・・・




↓ アルハンブラはセレム=リーシェスの金魚のフンになってましたw
2010020201


そうなんです!

サーヴァントであるアルハンブラはマスター(主人)であるセレムの庇護を求めてアフリカの地まで逃げてきていたのですww


さらに・・・


↓ なぜか冒険にまでしっかりついてきています。^^
2010020202
(拡大できます)


こうやってセレムの後ろにくっついていれば賞金稼ぎたちに“狩られる”心配もないだろうしね♪


しかし、ただセレムの庇護下に甘えてるわけではありません!

冒険中、ギニア湾にフランスの弱小海賊(低戦闘レベルの赤ネーム)の気配が漂い始めました・・・

例え弱小海賊とはいえ戦闘艤装していないクリッパーで移動するセレムにはちょっぴり鬱陶しい存在ですw


そんなときはクリッパーから“切り離された”アルハンブラのターキッシュガレーが単独で出撃&哨戒を始めるのです!

こんなときに備えて常に戦闘用艤装にしてあるのです♪


さて、フランスの弱小海賊を探しながらウロウロしてると・・・


↓ ベニン私掠艦隊にからまれましたww
2010020203
(拡大できます)


そしてベニンの“紋章”艦隊を撃破した頃にはフランスの弱小海賊の気配はなくなっていたのでした・・・

そんなアルハンブラのオレンジネームを遠くから見かけた中型船の航海者たちは『海賊だ!』と言わんばかりに鬼のように逃げていく~w

PKなんてしないのに・・・(・_・、)グスン



そんな感じでしばらくはマスター・セレムと共に旅をつづけるアルハンブラなのでした~♪



ちなみにセレムの異母妹・劉唯媛(ルゥ=イアン)はというと・・・

アフリカ・黄金海岸沖のアセンション島にワケあってこもってますw




つづく(^-^)/~


  
Copyright © 堕天使のハープ~FC2~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。