Novel Creator として創作活動しています。小説『ネット恋愛』・・・3の倍数日に連載中☆ミ・・・☆

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Euros史上初の大海賊
大航海世界が西はカリブ海、東はインド…カルカッタの街が最東端だった頃のEuros世界での話…


当時の最強戦闘艦は戦闘用ガレオンで、その戦闘用ガレオンを駆使して暴れまわっていた海賊がいた。

その海賊に敬意を込めて名前を公表させてもらうけど、その海賊の名前は【狂天使るるる】。


プレオープン、正式サービス開始の頃から大航海世界で活動していたセレム=リーシェスにとって、おそらくEuros史上初の大海賊だった!

酒場で常に名前が出てきた海賊で、滅多に見ることはなかった。

もし大海原で見かけたらおそらく襲撃されて無事で済まなかったはず!


そのうえ正式サービス開始直後の頃は、海賊特有の色ネームなどによる区別がされていなかったから、襲われるまでわからないという恐怖感があった。

当然、海賊検索なんかもない。

しかも街や上陸地点周辺の安全区域でも海賊行為ができたし、海賊から逃げ切ってもすぐに襲われる仕様だった。


そんな海賊には有利な時代だったとはいえ、狂天使るるるは海賊としてEuros世界では唯一の存在感のある大海賊だった。


それを物語る出来事をセレム=リーシェスも目撃している。

ある日、その狂天使るるるがリスボンの街に現れていた!

パイレーツコート風の衣装に身を包み、リスボンの広場でひとり立っていた…

そして、るるるの周りには少なくとも10人ほどの航海者が取り囲み“るるる”のステータスを見たり声をかけていた。

海賊としての存在感と人気を誇る“るるる”のような海賊は、今ではもうありえない。

それくらい、狂天使るるるは海賊としてEurosの世界で恐れられ慕われていた…。


しかし、ある日突然、狂天使るるるは姿を消した。

いまEurosで狂天使るるるの存在を知っている航海者はわずかだと思う。


いま思うと、正式サービス開始の頃の大航海世界こそ、リアリティのある大航海時代だったなぁ…と思えてならないのです。









スポンサーサイト

大航海時代オフライン

こんちゃ!(^ー^)ノ

ちょい久しぶりな更新です♪


大航海時代onlineもプレイヤー人口が減ってきた。

正式サービス開始から1~2年程はサーバーの混み具合を示す表示が【混雑】という日もよくあったのに、今ではもう幻に近い。

プレオープン開始の日から大航海世界で楽しんできた僕としては全盛期の賑わいを知っているので、今の状況が残念で仕方ない。

大航海時代online全盛期にフレになったうちの9割が引退か休止してしまっており、それもまた寂しく感じる。


だけどそれよりもまだオンラインゲームであるだけマシなんだ!

大航海時代オフラインだったらプレイヤーは自分ひとりだけで誰ともコミュニケーションをとることなく、誰にも自分独自のスタイルを見られることなく自己満足だけで終わってしまいそう。

造船スキルをカンストしても、誰の役に立つこともなく好きな船だけ造船して自分だけが楽しんでおしまい。

リスボンを歩いていても自分以外の航海者といえば“イスパニア航海者”などと表示された他国のNPCのみ。

海に出てもNPCの船ばかり。

ソロで遊ぶにしても、せめて他プレイヤーがいてくれないと寂しすぎる!!

それを思えば、いくらプレイヤー人口が減ったとはいえ他プレイヤーが多数存在するオンラインゲームであり、最低でも数千人、潜在的には数万人がいる大航海時代onlineはマシなんだ!

実際、今までが異常なくらい多かったんだとも言える。

むしろ今の大航海時代onlineでのプレイヤー人口の方が史実での大航海時代と同じくらいの他国航海者遭遇率になるんじゃないのかな?


確かに以前よりは寂しくなったかもだけど、それはそれで、辺境の海域で他プレイヤーと遭遇した時の喜びとかも味わえるかもだし、それはそれで楽しいと思う。

何よりも大航海時代オフラインではなく、大航海時代オンラインなんだから…♪


(^-^)





Copyright © 堕天使のハープ~FC2~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。