FC2ブログ
Novel Creator として創作活動しています。小説『ネット恋愛』・・・3の倍数日に連載中☆ミ・・・☆

未亡人ラディアとの一夜・・・☆彡
タイトルからして想像しようによってはちょとエロいかもしれないけど、まぁ、たまにはいいかなとギリギリの線でタイトルつけてみました。*^.^*

さて翻訳家に転職して口説きまわるセレム=リーシェス・・・。
前回、東地中海沿岸の酒場娘たちとのお泊りを制覇したと思ったら、ひとり忘れてました。^^;

オスマントルコ帝国の首都・イスタンブールの酒場娘・・・

娘・・・?
と、いうより年上のお姉さんかw

まぁ、それはともかくチュニスのシャジャルからのプロポーズをあとに再び地中海を東へと向かったのでした~


さて翻訳家に転職したとはいえ、口説きまわってるだけじゃありません!
しっかり冒険もしてます。(^ー^)ノ

↓発見物カードの為に訪れたエジプトの神殿。
古代の神殿
(拡大できます)


さてやってきましたスルタンが住まう都・イスタンブール。

さっそく酒場のお姉さん ラディア に逢いに行きます♪

冒険談は語りつくしたので貢物で口説きます・・・

すると!

↓なんとラディアは未亡人だったのです!!!
未亡人ラディア



ラディアのご主人はもしかしたらヨーロッパ勢力との戦いのなかで死んでいったのだろうか・・・
そう想うと心が痛むのであります。;;

それにしてもラディアのセリフ・・・

『さみしいときもあります・・・』 か。

愛に忍び寄る寂しさは真摯な選択を誤らせる・・・

by セレム

すみません!!!

かなり意味深なこと書いちゃいました・・・m(_ _)m


↓ってことでラディア宅でお泊りしました。^^
お泊り・ラディア
(拡大できます)


罪づくりなセレム・・・

国連事務総長に一言いわれそう・・・

『誠に遺憾であります。』
と。


・・・・・・



セレムの旅は続く・・・☆彡










コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 堕天使のハープ~FC2~. all rights reserved.