FC2ブログ
Novel Creator として創作活動しています。小説『ネット恋愛』・・・3の倍数日に連載中☆ミ・・・☆

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腕輪を求めてアフリカへ!
劉唯媛がヨーロッパで美術的な旅を楽しんでいることを知ったアルハンブラは、アフリカへ向かった。

そしてアフリカ南東岸に上陸する。


アルハンブラ
『セレム兄の話だと、この先にディンカ族の腕輪があるみたい。それを手に入れてルゥ姉に渡す…』

副官メフメト
『ディンカ族から奪い取るんですかい?』

アルハンブラ
『探して見つかんなきゃ、そうするしかないね!』


アルハンブラは、久しぶりのアフリカ上陸にテンションを上げながら駆け出し始め、アルハンブラの部下たち一行から300メートル離れた先まで突出してしまう。

そんなときにアルハンブラは、1人のアフリカ山賊に襲われてしまった!


しかし、アルハンブラの部下たち一行がアフリカ山賊の元に駆けつけたときには、すでにアフリカ山賊は頭に大きなコブを作って泣きじゃくっていたのでした~。


やがてアルハンブラは、奥地へとつながる道を見つけたものの、巨石に道を塞がれ前進することができなくなってしまった。


↓ 立ち往生してしまい、たぶん半笑いのアルハンブラ。
20130315



副官メフメト
『これ以上、進めないっすね。』

と、巨石を見上げながらつぶやいたメフメトが振り向くと、すでにアルハンブラだけが海岸方向に向かって走り出していたのでした…

副官メフメト
『あきらめるの、早っ!!』


こうして、アルハンブラや、部下たち一行がターキッシュ・ガレーに戻るとすぐに出航した。

そして、その時!

副官メフメトは、ターキッシュ・ガレーの巨大な櫂を動かす男たちのなかに、さっきコブを作って泣きじゃくっていたはずのアフリカ山賊が“仕事”しているのを見つけたのでした…

副官メフメト
『どういう展開だよっ!』

アルハンブラ
『これがオチってことで(笑)』



そんなこんなでアルハンブラの旅はつづく…♪







コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © 堕天使のハープ~FC2~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。