FC2ブログ
Novel Creator として創作活動しています。小説『ネット恋愛』・・・3の倍数日に連載中☆ミ・・・☆

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軟らかい艦隊
台湾・安平港を1隻の戦列艦が出港した。

大砲80門で武装した蒼い戦列艦・ストライクイーグル号は、ゆっくりと港を離れ沖合いへと進んでいく…

そんな戦列艦の甲板上でセレム=リーシェスと副官たちは話し合っていた。

セレム
『台湾沖合いには強力な武装をした輸送艦隊がいるらしいから、それらを掃討することにする!』

副官スペリオル
『東方船輸送艦隊と武装した東インド会社の艦隊ですね?』

セレム
『そうだ。すでに従者・アルハンブラが台湾沖合いで威力偵察をしており、その報告書が届いている』

そう言うとセレムは巻かれた羊皮紙を広げると、アルハンブラからの報告書を読み上げた。

セレム
『台湾沖合いの艦隊は軟らかいよ…て書いてある。軟らかい?意味わからないな』

そのとき見張り役の船員が大声を張り上げた!

船員
『前方2時の方角に船影!』

セレムは船員が報告を示した方角に目をやると腰のベルトに挟んでいた望遠鏡を取り出して船影に向け、中をのぞきこんだ。

セレム
『あれは…戦列艦!しかも2隻!それに続く輸送船を含めると計4隻からなる艦隊だ!』

副官スペリオル
『どうやら東方船輸送艦隊のようです!』

セレム
『よし!全速前進!目標、東方船輸送艦隊!長射程砲撃範囲に入り次第、水平射撃にて速射開始!!』


こうして戦列艦・ストライクイーグル号は戦列艦2隻を含む東方船輸送艦隊4隻との交戦に突入!
激しい砲撃戦が繰り広げられたのでした…。


↓ 東方船輸送艦隊と交戦し次々と撃沈していくストライクイーグル号。
20130412



やがて東方船輸送艦隊の旗艦である戦列艦を撃沈したセレムは、深呼吸するとつぶやいた。

セレム
『思ったより、軟らかかったな…』

副官スペリオル
『そうですね。数回の砲撃で破壊できましたね』


このあとセレムはガレアス4隻からなる東インド会社武装艦隊とも交戦して撃破!

ストライクイーグル号の船員たちの士気は大いに上がったのでした。

セレム
『台湾沖合いの艦隊は軟らかいから砲撃で気持ちよく沈んでくれるーっ!』


こうしてセレムは、東方船輸送艦隊と東インド会社武装艦隊をターゲットに見据えて、見つけ次第交戦しては砲撃で撃沈していくのでした…。






コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © 堕天使のハープ~FC2~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。