FC2ブログ
Novel Creator として創作活動しています。小説『ネット恋愛』・・・3の倍数日に連載中☆ミ・・・☆

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説『ネット恋愛』第1章 第12話 手紙

 第①章 出会い  

第12話 手紙


 ミリアンの母親からの伝言を受け取った日以来、すっかり気持ちが暗くなった僕は、ミリアンたちが働く“南米のフロア”へ行くことはなくなった。ミリアンに会うと悲しくなるのが理由だった。
すっかり元気がなくなって口数も減ってしまった僕を、同じ日本人の仕事仲間たちが僕を慰めようと飲みに誘ってくれたりしたけれど、心が晴れることはなかった。

 それはミリアンも同じだったらしい。

 時々、遠くから見かけるミリアンは明らかに元気がない様子で、南米の仲間たちと一緒にいてもひとり沈み込んでいるような姿が印象的だった。

 そんなある日の朝、物流センターの一階入口で、不意にミリアンと目が合った。ミリアンは微笑みながら黙って僕を見続けていたけれど、僕は「ボン・ジーア」と挨拶だけしてすぐに目を逸らして通り過ぎてしまった。

 別にミリアンのことが嫌いになったわけではない。ミリアンのことが愛しくて仕方がなかったからこそ、その存在を間近に感じることが辛くて切なかったのだ。

 近々、ミリアンはブラジルに帰る。

 それは東京と大阪といった日本国内の距離で離れてしまうのとは訳が違う。ミリアンは地球の裏側へと去ってしまうのだ。同じ時刻に、同じ太陽や月さえ眺めることができない地球の裏側にあるブラジルに。

 僕はミリアンを追って地球の裏側にあるブラジルへ移住しようかと考えてみた。しかしブラジルに関する情報を集めているうちに、移住と、その後の生活は、現実的に極めて厳しいという結論に達した。ポルトガル語をまともに話せないうえブラジル社会のことをよく知らない日本人が、ブラジルでまともな仕事に就いて生きていけるのだろうか?それにもしも、ミリアンと仲違いしたらブラジルで生きる意味がなくなる。一時の感情だけで大金とリスクを賭けて地球の裏側まで行くことはできなかった。

 だから諦めるしかなかったのだ。



 ミリアンと逢うことがなくなってから一週間ほど過ぎた日のこと。僕たち日本人が働く倉庫内のフロアに、突然、ミリアンが現れた。ミリアンが自分から、僕が働くフロアに現れるなんて初めてのことだった。

 フロアの入口から作業場の僕を恥ずかしそうな表情で見つめているミリアンに気づいた僕は、何か用件があるのだと察して彼女に駆け寄った。

 「ボン・ジーア、トゥードゥ・ベイン?」

 僕は久しぶりに間近で見るミリアンに微笑みながら『おはよう、元気してる?』と尋ねた。ミリアンは恥ずかしそうに微笑みながら頷いた。そして手に持っていた封筒を無言で僕に差し出した。どうやら手紙らしい。

 ミリアンからの手紙を受け取った僕は、あまりにも予想外で突然の出来事に驚きつつも、まだ愛しくて仕方のない彼女からの手紙に嬉しくなった。そして照れながらミリアンを見つめた。僕に見つめられた恥ずかしがり屋のミリアンは、顔を少し赤らめながら目を伏せてうつむいた。そして再び僕を見上げると、ミリアンの顔が僕のすぐ目の前にまで近づいた。

 次の瞬間、僕の唇に温かく柔らかな甘い感触が広がった。僕の唇に一瞬のキスをしたミリアンは、優しさと寂しさを湛えたような瞳で僕を見つめた。そして「ヒロ、アリガト」と言い残して足早にフロア入口から出て行ったのだった。階段を下っていくミリアンの足音と一緒に微かに鼻をすする音が聞こえてきた。

 それが最後に見たミリアンだった。



 ミリアンからの手紙を受け取った日、アパートに帰宅するやすぐにポルトガル語辞書を片手に、彼女直筆によるポルトガル語の手紙を翻訳しながら読んだ。

 『親愛なるヒロアキ。短い間だったけれどヒロアキと過ごした時間は楽しかった。でも私はブラジルに帰らないといけない。本当は、このまま日本に居たかった。私はブラジルに帰ってもヒロアキの幸せを願っています。ヒロアキ、あなたと知り合えて良かった。あなたは、いつまでも私の大切な友だちです』

 手紙の文末のポルトガル語、アミーゴという言葉を見つけたとき、僕の両眼から涙が溢れ出てきた。その涙は悲しみや寂しさからもたらされたものではなく、嬉しさからだった。

 ミリアンはブラジルへ帰国する。おそらくもう二度と逢うことはできないだろう。それでもミリアンは僕を大切なアミーゴ(友だち)として想ってくれているのだ。そして何よりも、ミリアンの想いを綴ってくれた手紙をもらうことができた。もしミリアンが僕に対して何の気持ちも抱いていなければ、このような手紙を書いたりはしないはずだ。

 そんなミリアンの気持ちが嬉しくて涙が溢れ出たのだった。



 それからまもなく、ミリアンがブラジルへ帰国したと南米の仲間たちから知らされた。母国へ戻ったミリアンを追うつもりはなかったけれど、それからまもなくして僕も職場を去った。

 ミリアンがいなくなってしまった職場には空虚さしか感じられなくなったからだった。同僚の日本人や南米の仲間たちは楽しい人たちではあったけれど、ミリアンという愛しい存在を失って心にポッカリと穴が開いてしまっている僕には、誰にも、何をもってしても埋めようがなかった。

 滅多に一目惚れをしない僕が、ミリアンに魂を奪われるほどの一目惚れをして瞬く間に恋に落ちたのは、いま思えば、運命だったと確信できる。そしてこのような別れ方をしたのもまた運命だったと思う。

 ミリアンとは結ばれることはなかったけれど、彼女は間違いなく、僕の運命の人だったのだ。



(次回、小説『ネット恋愛』の更新は10月12日の予定です)



 

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © 堕天使のハープ~FC2~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。